うきうき

僕は、お天気が晴れると、何だか嬉しくなります。

心が、ぱっと明るくなったような感じで、うきうきします。

こんな日には、自分がひとまわり大きくなった気がします。

ずっと遠くの空の向こうに、

自分の未来があるような思いに包まれるのです。

言葉の並び

「必要がなければ、人は何もしない」と、

「何もしないのは必要がないからだ」は、

何が違うのでしょうか。

違いは、人が主人公になっているかどうか

だと、僕は考えています。

「何もしないのは必要がないからだ」には、

自分の気持ちが込められています。

似ている言葉でも、言葉の並びによって

感情の込め方が違ってきます。

光の向こう

光の向こうに何があるのか。

僕は見極めたいと思っていた頃があります。

でも、光の向こうには、何かがあるわけではなく、

ただ、光は光として存在していただけなのです。

それがわかってからは、僕が光を追いかけることは

なくなりました。

カドブンでエッセイ連載開始のお知らせ

KADOKAWA発の文芸情報サイト「カドブン」で、

僕のエッセイ「東田直樹の絆創膏日記」が

11月15日(水)から連載されることになりました。

毎週水曜更新予定です。

ご興味のある方は、ここをクリックしてください

どうぞ、よろしくお願いします。

忙しい時間

忙しい時間は、時に自分を成長させてくれます。

何もしないのであれば、苦労もありませんが、

それが幸せかどうかはわかりません。

何が幸せか

それは自分が決めることだと思います。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR