どうもありがとうございました

番組をご覧くださった皆様、どうもありがとうございました。

そして、「語り」をしてくださった野田洋次郎さん、

「朗読」をしてくださった三浦春馬さんのお二人にも、

心から感謝しています。

自閉症という障害は、僕の全てではありません。

けれども、僕の全てのように、とらえられてしまいます。

同じように考えている自閉症者は、多いのでは

ないでしょうか。

時々、「自閉症なのに」という言葉を聞きます。

障害というのは、その人の生きづらさを

説明するものであって、当てはめるものではありません。

自閉症当事者で「自閉症なのに」と言われて、

嬉しい人はいないと思います。

「生きづらいわけがない」言われるのならまだしも、

どうして嘘つき呼ばわりされないといけないのか、

複雑な気分になるのではないでしょうか。

夢の扉

   夢の扉

さあ それが出発の合図だ

窓を開けて 新鮮な空気を吸い込む

未知なる世界を

この目に焼きつけるために

味方がひとりもいなくても

君は大丈夫

どんな相手も敵ではない

どんな涙も無駄ではない

夢の扉が

今ひらいた

桜のつぼみと一緒に


※よろしければ、ご覧ください。
2017年3月24日(金) 午前0時10分~午前1時40分 (90分)
NHK総合で僕が出演した「自閉症の君との日々」が放映されます。
2014年放送の「君が僕の息子について教えてくれたこと」、
2016年のNHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」
この2つの番組をまとめた総集編です。
【語り】 野田洋次郎さん(RADWIMPS)
【朗読】 三浦春馬さん
「もっとNHKドキュメンタリー」のホームページに
情報が掲載されています。

対応

本当のことを言ったら怒るのに、

嘘をついても人は怒ります。

結果的に相手が傷つかない言葉を選ぶのは

難しいです。

何でも、人によって違うし、関係性によって違うし、

状況によって違うからです。

だから、誰ひとり同じ対応でいいという人はいません。

※2017年3月24日(金) 午前0時10分~午前1時40分 (90分)
NHK総合で僕が出演した「自閉症の君との日々」が放映されます。
2014年放送の「君が僕の息子について教えてくれたこと」、
2016年のNHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」
この2つの番組をまとめた総集編です。
【語り】 野田洋次郎さん(RADWIMPS)
【朗読】 三浦春馬さん
「もっとNHKドキュメンタリー」ホームページに
情報が掲載されています。

笑う

にこにこしても何もいいことは起こらなくても、

やはり笑顔が一番です。

それは、笑顔だと周りにいる人が、

幸せになるからです。

自分の表情ひとつで、人を幸せにできるなら、

怒ったり、泣いたりしているより、

やはり笑っていたいです。

気分が晴れない

困ったことはないのに

気分が晴れないことがあります。

そんな時には、あまり自分の気持ちと

向き合わない方がいいような気がします。

どうすれば気持ちがすっきりするのか考えても、

落ち込んでいる理由がはっきりしないのであれば、

解決する問題が見つかりません。

そんな時は、できるだけのんびりすると

いいのではないでしょうか。

何もしないことが、一番いい時もあります。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR