無力な自分

日差しが強ければ、眩し過ぎるせいで、

目を伏せ下を向いてしまいます。

暑くて仕方ありません。

どうして、こんなに暑いのかと、

空に尋ねたくなります。

晴天を祈ったり、雨乞いしたり、

お天道様にすがろうとします。

無力な自分を知った時、

自分に出来る最後の方法が

祈ることなのかもしれません。

怒る

どのくらい我慢できるかは、

人によって違います。

この程度で怒るなんてと思う人も

いるかもしれませんが、

それは我がままのような気がします。

きっと自分であれば怒らない

という自信があるのでしょう。

そうは言っても、別のことでは、

その人だって、すぐに怒り出すかもしれません。

怒ると言っても、何にどれくらい怒るのか

人それぞれです。

晴れ

曇りの日が続くと、

気持ちが少し沈みます。

僕は、晴れの日の方が好きです。

家にいると、どちらでも構わないように

思うかもしれません。

けれども、窓から見る景色や

聞こえてくる鳥のさえずり、蝉の鳴き声は、

やはりあった方がいいです。

今日という日は、できるだけ明るい背景の中で、

過ごしたいです。

元気

元気は、どのようにしたら出るのでしょう。

いつも元気にしている人もいます。

頑張らないと元気が出ない人もいます。

心の持ち方次第だという人もいると思います。

心を元気にするために、まず自分という人間を

元気にしなければなりません。

僕の場合は、たくさん食べて、ぐっすり眠ります。

心の扉を開け放ち、澄んだ空気を

胸一杯に吸い込みます。

元気はわいてくるものなのです。

どんな元気にも、栄養が必要です。

目標を持つ

成功をつかめなくて気持ちが沈むことがあっても、

目標を見失うことはないと思います。

自分の心が見えなくなるのは、

好きなこともなく、

何もする意欲がわかないような時ではないでしょうか。

起きたことを後悔するのは、

自分が成功したいからです。

それは、新たな目標を設定し、

再び挑戦する機会となっています。

目標を持つことが、夢の実現への第一歩です。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR