色々な人

自閉症は、どういった障害なのか

自分でも考えることがあります。

普通の人は、自分のことを嫌になったり、

自分で自分が分からなくなったり

することはないのでしょうか。

きっと、あると思います。

自閉症者にも色々な人がいるような気がします。

同じ障害だからといって、

同じ未来を目指す必要はないと思います。

「Fall Down Seven Times, Get Up Eight」とジャパンタイムズ

13歳の時執筆した「自閉症の僕が跳びはねる理由」

の英訳版「The Reason I Jump」の第二弾として、

「Fall Down Seven Times, Get Up Eight」が

アメリカ・イギリス・カナダで出版されます。

「Fall Down Seven Times, Get Up Eight」には、

2015年に発売された

「自閉症の僕の七転び八起き」(KADOKAWA)

そして、先日発売された最新刊

「自閉症のうた」(KADOKAWA)、

2016年に発売された

「社会の中で居場所をつくる」(ビッグイシュー日本)など、

複数の著書にまたがって既に日本で出版された

エッセイや短編が掲載されています。

「The Reason I Jump」の時と同様、

ディヴィッド ミッチェル氏が翻訳してくださっています。

(「Fall Down Seven Times, Get Up Eight」の

和訳出版の予定はありません。)

ジャパンタイムズ(日本を代表する英字新聞 )に

僕の記事が掲載されました。

ご興味のある方は、ここをクリックしてください。

ミッチェルさんとの会話

新刊「自閉症のうた」の中では、

「僕たちにとっての『言葉』」という目次で、

作家であるミッチェルさんとの対話も

掲載されています。

ミッチェルさんには、自閉症の息子さんが

いらっしゃいます。

そのためか、僕と息子さんを重ねて

見ていらっしゃるような気がします。

ミッチェルさんからの質問「匂い」や「夢」

などに対する僕の答えは、息子さんにも、

共通するものがあるのではないでしょうか。

この本の中で僕は、

思春期だった頃の自分に対しても、

メッセージを書きました。

ミッチェルさんとのやりとりでは、作家としての

文章の綴り方にも触れています。

死生観や成功についての僕の考えも、

興味深く読んでいただけると思います。

当事者

ありえないくらい大変なのに、その苦労を

人にわかってもらえないことがあります。

発達障害の人が苦しいのは、

自分の大変さに共感を得られないことが、

原因のひとつではないでしょうか。

当事者の言葉に耳を傾けようという考え方も、

ここから始まったような気がします。

僕は、「あなたは、自閉症者の代表ではない」

と言われることがあります。

僕が自閉症者の代表でないのは、

僕自身もわかっています。

僕は、誰かに認められたくて、

本を書いたのではなく、

書かずにはいられなかったのです。

それが正しかったかどうかは、

もっと後に答えが出るような気がしています。

「旅」

新刊「自閉症のうた」には、

「旅」というタイトルの物語も掲載されています。

この作品は、これまでに書いた中で、

僕が、最も気に入っている物語です。

人の記憶というものは、とてもあいまいで、

壊れやすいものだと思います。

一生のうちで、一番幸せな時間というものは、

それぞれの頭の中の記憶の奥底に

眠っているのではないでしょうか。

何度読んでも、込み上げる思いを

抑えきれないような物語を書くのが

僕の目標です。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR