子猫のように

  子猫のように

不思議に思うことは

すごく たくさんあるのに

世界は まわり続ける

悲しくても 嬉しくても

明日はやってくる

この世から 

理不尽は消えない

でも 僕は夢見たい

子供のように

子猫のように

変わりたくない

   変わりたくない

どうして動いているものは

動き続けるのか

止まっているものは

止まり続けるのか

それは できるかぎり そうしたいから

できるなら 変わりたくないから

できるのに したくないから

みんなと一緒がいいの?

違う

昨日と一緒がいい

それは なぜ?

昨日を今日にしたいから

今日を明日にしたいから

今の幸せを壊したくないから

おめでとう

   おめでとう

ずっと 待っていたのに

いざ この日になると

何だか切ない

会えなくなった人の顔を思い浮かべながら

自分と家族と空の彼方に向かって

僕は「おめでとう」とつぶやく

新しい年

僕は静かに前を向く

空は青く晴れ渡る

風は清く流れ去る

鳥の羽ばたきが

しんとした空気に命を与える

今日から また生きていこう

そして また生きていこう

新しい今日という日が

かけがえのない一日になったなら

僕は自分に

大きな拍手を送りたい

その世

   その世

その世とは この世ではない

あの世とは その世ではない

その世は どこにも存在しない

その世は どこにもないのだろうか

あの世もこの世も ここにあるのに

この世もあの世も 悲しいだけ

この世もあの世も 息苦しい

   星

星空を見れば

自分がちっぽけに思えると

誰かが言った

そうなのか

僕はちっぽけなのか

夜になり

僕は夜空を見上げた

満天の星が降り注ぐ

ああ

僕の手足に

僕の胸に

僕の瞳に

光が寄り添ってくれる

足を開き

両手を広げる

ちっぽけな僕が

宇宙でいちばん

大きな星になれた

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR