つらくなるわけ

つらいことというのは、肉体的にも、精神的にも

疲弊してしまっている状態だと思います。

肉体的な疲労というのは、容易に想像つく人が

多いと思います。

しかし、精神的な疲労というのは、時間と共に

回復できるものばかりではありません。

悲しくなったり、寂しくなったり、

人はすぐに誰かにすがりたくなります。

本当は、どうして今、気持ちが辛いのか

考えなければいけないのに、努力を認めて

もらえないことに、いら立ちを覚えたり、

すがる相手の態度に怒ったりするのが

人間です。

自分の問題を、誰かのせいにしなければ

生きていくことができない弱さを持っているのは、

みんな同じです。


※NHKの番組「君が僕の息子について教えてくれたこと」が、
アメリカ国際フィルムビデオ祭、
時事問題カテゴリー部門において、
シルバー・スクリーン賞(カテゴリー2位)に選ばれました。

ご興味のある方は、ここをクリックしてください。

コメントの投稿

Secret

直樹さん、授賞おめでとうございます。

これからもあなたらしく健やかにお過ごし下さい。

ご活躍を楽しみにしています。

おめでとうございます

直樹さん、NHKのドキュメンタリーテレビが、アメリカの賞を受賞されておめでとうございました。
日本だけでなく、世界に直樹さんを知っていただく事が、自閉症を持つ家族や周囲の人達に希望をもたらすと思います。これからも、ブログや本を楽しみにしています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おめでとうございます!

直樹さん、受賞おめでとうございます\(^^)/
世界中、一人でも多くの方に直樹さんのメッセージが届く事を願っています。
心に響く感動は、世界共通ですね!とても嬉しいです。
応援しています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

生きていて欲しい。

つらい時、絶望的になる気持ちは良く分かります。

でも、その先には、喜びや幸せが必ずあります。

だから、つらくても生きること。

あなたと出会うことを待っている人がいます。

おめでとうございます!

初めまして。

発達障害の娘(高1)の母です。

受賞おめでとうございます!

ちょうど直樹さんの番組の事を
私達親子のブログ(漫画)で紹介させて頂いたところでした。

5年前、直樹さんの本を初めて手にした時、私達親子は不安でいっぱいでした。
でも今は多くの方々に支えられ、一歩一歩前へと歩んでいます。

直樹さんの言葉は当事者、保護者、支援者、すべての人の心に響きます。

娘と共に
直樹さんのますますのご活躍を心より応援しております!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分のせい?

若い頃、自傷行為をしたのは、出来ないことが、
自分のせいだと思ったから。
本当は、出来ないのは、そういう頭の創りになってたから、
だから、自分のせいじゃない。
それに、他の誰かのせいでもない。

いろんな出来ないことが、自分や誰かのせいなら、
出来ないことが、出来るようになる方法があるのに、と、
思ったりする。でも、そんなことないし…

それでも、今の私には、出来ることもたくさんあるから、
生きていける。
今日、直樹くんのエッセイで、気がついたことです。

広い広い、想像もつかないほどの広い宇宙の海へ 自分丸ごと ぽ~~~んと放り投げて、
ぷかりぷかり浮かんでいるような、
浮かばせているような、

なんていうんでしょう
何か大きなもの、大いなるものにこの身をあずけてしまうような、
あずかってもらうような、、、
そうしてるあいだに
今目の前のことを淡々とやっていく
ひたすらやっていく

何かの瞬間に別のところ(ステージか?)を歩いてる
歩き出してる
そんな日がくる
必ず、来る

必ず守られているから☆★☆★☆★☆



「時事問題」のカテゴリーで選ばれた!
素晴らしいです
おめでとうございます\(^▽^)/

初めまして

初めまして。
昨年にNHKのドキュメンタリーで東田直樹さんの事を知りました。

自閉症の方と関わる仕事をして20年以上経ちますが、まだまだご本人の事に
関して毎日が発見だらけです。
何だかんだと、敵わないなあと思いながら日々接しさせて頂いて、ただそんな
毎日が楽しくて仕方ありません。
自分のおこがましさを気づかせてくれるからです。

そんな日々の生活の中で東田さん事が放送され、
なんていうんでしょう。
衝撃でした。
こんな風に感じられているんだと、
私の関わっていてる方も、こんな風に感じたりされているのかと思うと、
なんだか嬉しくなりました。
また、私自身も東田さんの表現に、情景に癒され、そして引き込まれて
いきました。
東田さんの存在を知ることが出来、本当にありがとうです。

いつか、直接お話を聞きに行ける機会がある事を願っています。

また、コメントさせてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

初めまして

直樹さんが私のブログに足跡を残してくださっているのを見て感動しました

相手が思い通りの態度を取ってくれないと相手を責めてしまう気持ち

みんなが持っているのですね

私は、誰かに頼らないと生きていけない弱い自分が嫌でした

これからはみんな一生懸命生きていて、自分のやるべきことをやっているのだということを知っていきたいと思いました
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR