新刊「自閉症の僕の七転び八起き」発売日です

本日、新刊「自閉症の僕の七転び八起き」(KADOKAWA)

が発売されます。

よろしければ、ぜひご覧ください。

ご興味のある方はここをクリックしてください。 

※この本は、ブログの記事
2011年~8月2015年4月までの文章を再編集し
加筆・修正したものです。
書籍化にともない、2011年~2013年末までの
ブログの閲覧を終わらせて頂きました。


コメントの投稿

Secret

No title

サインつきを、予約しました\(^-^)/

私の友達の感想

3年前、英会話教室で知りあったくにこさんからのメールに、
『昨日直樹くんの本を買いました。
「さすが!」と彼の才能を再確認しました。』とありました。

私は、ブログを読んでいたので、本を買ってなかったのですが、
もう一度読み返してみたくなりました。
読んでから、また、コメントを書きますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本読みました♪

私と同じ!、という箇所が、いくつも見つかりました。

私は、自閉症スペクトラムなので、話したり、言葉を理解したりは、出来ます。でも、社交辞令や嫌味は、いつも、字句通り解釈してしまいますが。

なるほどと思ったこと、1つだけ書きます。
「怒っている人の声
人が注意されるにを見たとたん、パニックになる自閉症者もいます。…フラッシュバックとは違います。…怒られている状態を見て、反射的にパニックになってしまうのです。」

私も、その声に、いつも、反射的に反応してしまいます。関係の無い人のことなのに、言葉にして、その人を制止することもあります。いつも、自分の頭の中は、パニック状態です。

直樹くんが言ってるように「だめな自分を責められている感覚になるからでは…」
なるほど、そうなのかもしれませんね。

直樹くんに出来て、私に出来ないことも、いくつかありました。
「姉弟
僕は、よく姉の部屋に遊びにいきます。…」兄弟…私は、弟ですが、出来ないことの1つです。

「顔のしわ
まさか“しわ”ができたくらいで、自分の顔までわからなくなるとは思いませんでした。…」
ほんとに年を取ったら、心の年齢と顔の年齢の差に、戸惑いますよ。きっと。でも、直樹くんならそれも楽しみにしてしまうかも♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

帯に茂木健一郎さんが!

「母の日」がやはりとっても好きで 何度でもページを開けてはニヤニヤ~~~っとなります(*^_^*)

これからますます味わっていくのだろうなあ・・・
素敵な本をありがとう直樹さん♪

No title

ブログの内容を更に深めておられますね。

 買って良かったです。

この本に出会えて直樹さんの感受性豊かで純粋なところが、ますます好きになりました。
発達障害の子供たちと関わる仕事をしているので、大変役にも立っています。
自閉症を誤認している人はたくさんいます。
直樹さんの本がもっともっと多くの人たちに
届きますように…

自分の人生

「不幸だと思うとき」に深く感銘を受けました。
私の子どもは重い知的障害がありますが、みんなと一緒に地域の小学校(普通学級)に通っています。
子どものありのままを大切に、どんなに重い障がいがあっても、生まれた地域で、みんなと一緒に学び、育ち、子ども時代の今しかできない当たり前の経験をしてほしいという考えから、地域の学校(普通学級)で学びたいと願う障がいのある子どもたちを応援する活動もしています。
どんなに重い障害があっても「自分の人生」を自分で選択できるように、「自分の人生を生きるための一歩」を踏み出せるように、子どもたちの未来が同じ場所にあるように、これからも応援していこうと、気持ちを新たにすることができました。
ありがとうございました。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR