言葉

「必ず」という言葉を聞くと、後に続く言葉は

成功するイメージの方が、僕は強いです。

ひとつの単語を聞いただけで、全体をイメージ

できるような言葉は、その言葉自体がパワーを

持っているような気がします。

言霊とは、言葉に宿っていると信じられていた

不思議な力のことですが、それとも少し

違うような気がします。

僕が「言葉は生きている」と感じるのは、このように

一つの単語の背景に、人々の苦しみや喜びを

想像できる時です。

コメントの投稿

Secret

No title

「必ず」という言葉の後に続く言葉は、私の場合、「約束は守る」、「幸せになってやる」ですね。 何故そうなるのか自分にもよくわからないけど、そういう台詞をカッコよく言ってみたいという気持ちは確かにあると思います。

自閉症の人には、簡単な言葉で的確に話すようにと言われていますが、もしかしたら、単語の言霊を鮮明に感じてしまうので、長い文章が頭に入っていかないのかもしれない。逆に言えば、一つ一つの言葉を噛みしめるように大切にしているのは、自閉症の人達かもしれない、と直樹さんのエッセイで感じました。

ことば

私は、自閉症スペクトラムですが、直樹くんの「この地球にすんでいる僕の仲間たちへ」を読んで、私と同じようなものを感じました。

私も、言葉には苦労します。メールや手紙でも、文章の意味を取り違えることは、当たり前のようにあります。
曖昧な表現、比喩などよくわからないことも多いです。

例えば、「その事はないことはない」と言われたら、あるんだと思ってしまいます。若い頃に、仕事で、それではやってもいいんだと思って、契約しようとしたら、上司に「あるとは言ってない。勝手なことをするな!!」と…

具体的な、言葉の裏を読まなくてもいいような言葉が理解しやすいです。

私は、1つの言葉で、たくさんの意味がある言葉は、苦手です。話したり、書いたりするときでも、その言葉は、こういう意味ですかと、確認することがよくあります。そうして、相手の心を確認すると間違えることがないです。
でも、メールで、何度も確認していると、しまいに電話がかかってきて、話し言葉で説明されることもあります。メールを打つのが、まどろこしくなるからでしょうが。

直樹くんは、会話の時、言葉や文章が消えてなくなることがよくある。と書いていましたが、
私も、会話するときは、時々、あります。言葉や文章が消えるので、探すのですが、見つからないので、子供に話すような会話になってしまいます。その前に数秒から数分の沈黙があります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

直樹さんのエッセイは、文面に醸し出す風景画のような美しさがあります。

たけしさんの解説は、具体的でわかりやすいです。








大切なこと

「言葉は虚しい」と感じることがあります。それは行動が伴っていないからだと思います。不言実行、初志貫徹、七転び八起き、どれも自分にとって大切なことだと思います。

直樹くんは、

詩人で作家です。言葉に♪(*´∀`)♪音楽があります。初めて読んだ時、心に響いてきた詩、多分、美しい言葉の中に、真実が隠れているから、人の心を震わせるのだと思います。

その詩…は、

希望をください

勝手気ままに見えるけど
僕らはいつも一生懸命
みんなと仲良くなれないけれど
僕らはとても人が好き
僕らのことを分かって下さい
お願いだから
僕らは信じていたいのです
僕らにも
みんなと同じ未来があると

とても心引かれました。その言葉が、真実だから、余計に辛く、でも、希望は捨てない強い意思が、感じられて、とても勇気付けられました。

「必ず」のあとは、「みんなと同じ未来がある。」´です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「みんなと同じ未来」は、明るく楽しいものであると私は信じています。

これからは言葉をもっと大事にしていきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR