感覚

冬になると、みんながうつむいて歩くのが、

僕には、とても不思議でした。

僕は、寒いからと言って、うつむくことなど

ないからです。

体感気温によって、衣服の調整をするのも、

難しい僕には、なるべく寒くないようにと、

手をポケットに入れたり、首をすぼめたりすること

などできないのです。

理屈でわかっていても、無理です。

僕は、外を歩いている時に、自分の体のことを

意識したことが、あまりありません。

暑いとか、寒いとかいうことも、言われて初めて

気づく感じです。

そういう感覚というのは、一体どうやったら

身につくのでしょうか。


コメントの投稿

Secret

人それぞれ

風邪とかはひきますか?身に付く物ではなく感じる物だから、感じないんだったらそれはそれでいいのではないでしょうか?寒いのが苦手な私は逆に羨ましいです。風邪やインフルエンザ予防と云う点では、暖かくした方がいいのかも知れませんが、寒さや暑さは人それぞれだから、そんなに気にすることはないと思います。冬でも下をうつむくこと無く上を向いて歩けるのは素晴らしいことだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私は、それが東田さんのユニークポイントなんだろうと思います。
だから、そのままでいいんじゃないでしょうか☆

感じることを感じるままに。
それが一番心身にいいことだと思います♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うつむかずに歩ける人が私は羨ましいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

面白いですね。

興味深いですね。
赤ちゃんでも、暑さ、寒さの不快さを覚えて泣きます。
直樹さんはどうだったのでしょうね?
脳はともかくとして、体は覚えているものなのかもしれませんよね。
不思議ですね。


こんにちは

人から見て

寒いから厚着をする

事は当然となりますが

その感覚が無い

そんな事も当然と思う

そんな気持ちも発信出来る直樹さんが素敵です。

自分が感じた事を思うままに発信する

そんな事を綴って下さいね。


(*^^*)

面白いですね。どうして?

私も、直樹くんほどではないですが、
寒いのが、分からないことがあります。

先日も、仕事をしていて、汗をかいてきて、
ジャンパーを脱いで作業をしていました。
しばらくして、日が陰り、冷たい風が吹いてきて、
みんなはジャンバーを、は織り出しました。

私は、仕事に夢中で気がつきませんでした。
夕方、仕事を終えて、家について、
夕飯を食べて、お中が痛くなって…5回トイレにいきました。
体も冷たくてこわばっていました。

何でだろうと…そのときは解りませんでした。
次の朝、気がつきました。
私だけ、寒い中、ジャンパーも着ずに作業していて。
体が冷えきってしまったのに気がつかなかった。
だから、お中が痛くなって…と、今度から気をつけよう。
と、思いますが、やっぱり、分からないので出来ません。
誰かに「寒くない?ジャンパー着たら。」と言われると、
そうできるのですが…私には、難しいことです。

「そういう感覚というのは・・・」

「一体どうやったら、身につくのでしょうか。」
ずっと、私も知りたかったことです。

疲れはてても、分からないことが多くて…
年に何回か下痢が止まらなくなって、
内科の先生に診察してもらって気がつきます。

でも、私の一番知りたいことは、
楽しい感情、嬉しい感情、好きという感情の、
身に付け方です。

そんな感情も、直樹くんの身に付けたいことも、
心療内科の先生達に教えられたり、勉強してわかったことは、
普通の人は、子供から、大人になる過程で、
自然に身に付くということです。

でも、諦めきれない思いは、あるので…
私は、今も、探し続けています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

人に言われて気付くこと。健常者と言われる人でも沢山あると思います。
プライドが高すぎる人には、言えない事もあります。
自分では分からない事があると言う謙虚さがあってこそ、自分が周りに生かされているのが分かるのでは無いでしょうか?
それが尊い生き方だと思います。

感覚

直樹さんの日記と皆さんのコメントを拝見して、感じる事は人それぞれ違うのだなと思いました。
私が暑いとか寒いとか感じいていることも言葉にすれば同じでも、他の人と一緒とは限らないのだなと。
逆に直樹さんが当たり前に感じていることを、私は全く感じず想像さえできないことがたくさんあるのでしょうね。
皆が自分の感覚をお互いに伝えあって自分にはわからない感覚の存在を知り、想像してみたら、今よりもっと大きくて豊かになれる気がしました。

No title

心が寒いと感じている人は自分以外にも結構いる、と思います。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR