動物図鑑を見ていると、それぞれの動物の個性が

よくわかります。

考えてみれば、人間も人種によって、

肌や髪の色が違います。

僕は、あまり人の顔の区別がつきませんが、

その人が誰かは、何となくわかるようになりました。

いつも同じ場所で会う人なら、場所から連想して

思い出すこともできます。

それは声や話し方の違いだけでなく、雰囲気が影響

しているのかもしれません。

はっきりとした判断材料がなくても、自分の中で、

人を区別できるようになるのが不思議です。

経験を積み重ねれば、少しずつでも、自分なりの

対処ができるようになります。

これは、生きにくさに対する対応ではないかも

しれませんが、気持ちの上で楽になれる

のは、重要なことではないでしょうか。


コメントの投稿

Secret

気持ちの上で楽になれる、そうですね。
ご自身にとっての楽が持続できて定着できたらいいですね。
楽になれる事、場面が増えていくといいですね。

直樹さんの素敵な変化を知ったり、目の当たりにできることは本当に喜ばしい幸せな時です。

No title

自分と同じ雰囲気を持っている人としか交わらない、私はずっとそうしてきたけれど、本当は自分とはまったく違った雰囲気を持っている人たちとも自然な形で交わりたい、そうすることで今よりずっと楽になれたらいいな、と考えてしまいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いろんな動物と自由に会話ができる、そんな経験を私は積みたいです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR