母のこと

僕が、作家になって、母も子育ての様子など

聞かれることが、増えてきました。

母は、どう答えたらいいのか、困っているみたいです。

たぶん、僕を育てている間は、毎日が必死で

振り返る時間など、なかったのだと思います。

忘れてしまうのも、母らしいです。

昔から、ちっとも変わらない母のおおらかさに

僕は、救われています。

コメントの投稿

Secret

No title

一生懸命にやってきたことを簡単に人に伝えるのは難しいですよね。
お母様の気持ちお察しします。放送を見て、お母様を見て素敵だなと思ったのは私もです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

いいお母さんですね。いいなぁ。
お幸せですね☆☆

お父さん、
お母さん、
お姉ちゃん、
直樹さん、

思いやり、
想い合い、
想い愛

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちわ

お邪魔します。
仕事の休憩時間に書いてます。

何か社会貢献したいです。できませんけど…。

出逢いに感謝!

こんにちは。この度はこうして東田さんとご縁が持てまして大変嬉しく感謝しています。
先日のテレビの再放送をたまたま観ることができて、こんな素敵な人が居ると感動し、今日本屋さんに暇つぶしに行きましたら、東田さんの本に出逢い貪るように一気に読んでしまいました。
東田さんの書く内容は、とても分かりやすく的を得ているので読みながらウンウンうなづいたり泣いたり笑ったりウーンと想像してみたり(笑)
息子は広汎性発達障害で今中1です。言葉は話せますが、小学低学年の頃は物事の融通が効かなかったりパニックになったり大変でした。
四人しか居ない支援クラスに在籍していましたが、息子が友達を欲しがるのと普通クラスで当たり前の小学生活を送らせたい、大変だろうけどいろんな挑戦をさせたいとの思いから、二年の交渉の末ようやく五年生から移籍することができました。
それからの息子の心の成長は早く、やはり子供は子供同士が一番成長するなと実感し、その頃から学校近くに引っ越し、今まで車での送迎から歩いて学校まで通う!こうした当たり前のことに日々感謝の毎日でした。
今ではお友達もでき有難いのですが、悪い言葉を使ったり残虐な描写の進撃の巨人などのアニメや本が友達の間では流行っているらしく、私としては憤ってます。v(^_^v)♪
東田さんはお母様を始め家族から愛されていて羨ましいです!
辛い時悲しい時大丈夫だよって優しく抱きしめられ思う存分泣くことができるなんて〜〜私も親にそうして貰えたらどんなに幸せなことでしょう。
なかなかそんな親いませんから〜〜東田さんは幸せ者です。
私も子供たちにそんな素敵な思いを味あわせてあげたくなりました。
まだまだ書きたいことはありますが、長くなりましたので今日はこの辺で失礼させて頂きますね(^O^)/
またブログに遊びに来ますね〜
東田さんや御家族に感謝しています。ありがとうございましたm(_ _)m*\(^o^)/*

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お母様

素晴らしいお母様ですね。
私もそんなお母さんになりたいです。
子どもを大きな愛で受け止められるお母さんでいたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

東田さんこんばんは★彡子供を育てながら看護師を目指して看護学校へ通ってます。前は空の上の仕事をしてました。
人見知りしないので接客業が好きなんです。(*^∇^*)
東田さんの言葉を参考に仕事と子育て、頑張りたいと思います。

うっ!

直樹さん、涙が出ますよ~。゚(゚´Д`゚)゚

そうだなぁ

親なら子どもを大切に思うのは当たり前って思ってました。
でも、現実、当たり前出もない家庭があるなって。
だって、子育てには間違いはあるけど正解はないもん。
きっと、子育てって思ってる以上に大変なんだろうなぁ…

母親は、子供の私たちからしたら親だけど、周りから見れば一人の人。
おとなになってから、母は母の人生をもっと楽しんでほしいと思うようになりました。子どもだから、母にたよることもあるけどね。
うちは、元父親が最悪だったから、母はとても辛かったと思う。
でも、母は言う。
『あなたたち子供がいたから、頑張れたの』
母ってすごい。
ある年の誕生日、母からメールがきた。
『おめでとう。あなたらしくそのままで。いつも応援しています』
大人になっても、母は私の一番の理解者であり、応援団だなってうれしくなって、
そして涙、出てきちゃうよね

いろいろな母親がいるなかで、あなたが母親でよかったと思える。
ありがたい( ^∀^)

長々つづってしまったー( ノД`)…

身を捧げても守る愛

うん十年前のことです。

喘息の転地療養で

郊外の養護学校へ

そこには

心臓

カリエス

精神

夜尿症

夢遊病

喘息などの持病のある子供達が

母親と寮母さんの支えで生活して

いました。

私の母も当時必死だったと思います。

思い出させていただいて感謝

します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

テレビ見て感動しました。
努力と勇気素晴らしです。
脳の検査を受ける決意をした時の会話が心に響きました。皆のために受けると言われてました。
謙虚さと真面目さが現れていて、涙が出ます。
私は心にも大きなしょうがいがあります。
しられないようにできるけど自分で直せません。
生きることが辛いです。
前を向いて、明るくなりたいです。
これからもひとに勇気を与える作品をお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR