怒っている人の声

人が注意されているのを見ると、

パニックになる自閉症者がいます。

その様子を見て、人が怒られているのが

嫌なのだと、考えている人も

いるようです。

僕は、ダメな自分を

責められている感覚になるからではないかと、

思っています。

フラッシュバックとは、違います。

自分が怒られていると、

勘違いしているわけでも、ありません。

仲間を助けられないとか、

同情する気持ちから、聞いていられない、

ということでもないと思います。

注意されている人が、

どうして怒られているのかが問題ではなく、

怒られている状態に

反射してしまい、自分を責めて、

パニックになるのではないでしょうか。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うちの子(発達障害です)も、他人が叱られてるのを見ると落ち着きがなくなり、とても心配します。

反射的に自分を責めてしまっているのかもしれないですね。
子供の気持ちに少し近づけた気がします。
直樹さんいつもありがとうございます!

No title

私も怒られている人を見るのが苦手ですが、直樹さんのように理由など考えたことは無かったです。
怒られるのっていやですね!

私の弟は心身障害者で福祉団体の作業所に通っています。
時々、怒っている仲間や興奮している仲間を見て反応した仲間がパニックを起こして近くにいたまったく別の仲間たたいてしまったり、噛みつくという事件が起きます。
スタッフが後で二人の話し合いの場を持って謝罪させるのですが、
反省したから二度とやらないかという問題ではなく、
障害ゆえの発作的な行動なので再発は防げません。
弟も、そんな状況になったらその場を離れるという行動をとれるほどの知能も無いし、
彼の場合は障害ゆえにアクシデントがあると固まってしまうのかもしれません。
何度か二次被害に遇っています。
スタッフの期待に応えて謝罪を受け入れ、彼の「いいよ」の一言で事無きをえ得ているようですが、
なんだかなぁ?本心かなぁ?と思います。
今、彼は母も高齢になったため、グループホームで仲間達と暮らしていますが、
それが彼らにとって幸せなことなのか疑問です。
と言う私も弟のマシンガントークが精神的に苦手で一緒に暮らす選択ができなかったので、大きなことは言えませんが。

その通りだと思います。

私は誰かが怒られている場面を見ると、その時の精神状態にもよりますが、通行人の会話やテレビのワンシーンだけでも、反射的にパニックを起こしてしまいます。

少しでも反応してしまうと、何の理由もなく唐突に、「自分はダメな人間なんだ」という考えが頭にいっぱい浮かんで離れなくなり、止めようとしても、自分では抑えられないんです。

パニックが治まった後に、「どうして私の頭の中はこうなるんだろう」と自己嫌悪に陥ることもしばしばです。

けれども、パニックを起こしている最中に、必ずしも過去の記憶を鮮明に思い出しているわけじゃない。

この感覚は何なんだ、と、今まで疑問に思ってましたが、確かに、フラッシュバックとは違う感じですよね、これは。

反射的に自分を責めてしまう、と解釈するなら、納得できます。

この記事を読んで少しホッとしました。

No title

ウチの子も自己肯定感が低くなりがちで、
お友達が先生に怒られると、自分も責められている気になるようです。
やるべき事をやらずお茶を飲んでいた子が怒られたのを見たら、
もう学校ではお茶を飲んだらいけないんだよ、
飲んだら一年生じゃ無くなっちゃうんだって、と。
プロセスよりも、どうしたら怒られない生き方が出来るかばかりを模索しているようです。
真夏で熱中症が心配な時期だったので、
先生に、「全員で今お茶を飲んでいい時間」を設けてもらいました。
本当は「~出来ないなら幼稚園に帰れ」なんて言わないで下さい、と頼みたかった。
「お宅のお子さんに言った訳じゃ無いんで」と言われて、
一生理解してもらえそうにない、と説得する気力が萎えてしまいました。
東田さんが発信して下さる言葉、お気持ちに、私達親子は救われます。
私も少しずつでも発信していこう!と気分を新たにできました。
いつもありがとうございます。

叱るということ

人がみんなの前で怒られているのを見ると
自閉症者に限らずだれでも良い気持ちはしないと思います。

見ているだけでこちらの方が委縮してしまいます。

よく、レストランなどで従業員の失態を上司が客の見ている前で叱りつける責任者がいますが客としてあれほど不快なことはありません。
見せしめのために皆の前で教育しているという自信に満ちた態度ですが
客側からからすればせっかくの美味しいものもムードが壊れて不味く感じお通夜のようになってしまいます。誰にとってもメリットが無いとおもいます。

私が小学生のころ、
「こんな簡単な問題も分からないやつは豆腐の角に頭ぶつけて〇んでしまえ」
とすぐに口走る算数の教師がいました。
もちろん豆腐の角に頭をぶつけたからといって〇ねるわけではありませんが、
自分の教え方を反省する前に児童たちの能力を見出そうとする前に
「どうしようも無い奴ら」
と見限る教師の未熟さに、自分は子供ながら怒りが爆発しそうだったのを
今でも鮮明に記憶しています。

人前で叱ることって、とても難しいことですね。

直樹さん、こんにちわ。今日は再々再放送ですね。今みています。
直樹さんは私の24才になる甥に顔がよく似ています(-^〇^-)
きっとお互いに、えっ?!となると思います。
余談ですみません。

これからのますますのご活躍を楽しみにしています。

今テレビを見ています

普段、全然テレビを見ませんが、今NHKでやっている番組から目が離せなくなってしまいました なおきさんの優しさに涙が止まりません ありがとう

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「君が息子について教えてくれたこと」の再放送を見ました!

今まで自閉症の方と関わる機会も少なく、彼らの考えてることを理解する機会もありませんでした。
この番組、直樹さんの考えを聞き少しでも彼らにあゆみ寄れるよう努めたいと思いました。今後のご活躍を期待しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとう

直樹さんはじめまして。
私もNHKの放送を観てこちらにたどりつきました。
涙が止まりませんでした。
もうかなり昔、高校の先生になりたくて教員採用試験を受けた私が
赴任したのは養護学校でした。
専門とは違う学校で、それでも担任になり、自閉症と診断された多くの
子どもたちと接してきましたが、そのすべての生徒に謝りたい、と心から思いました。
会話ができない、視線が合わない、コミュニケーションがとれない…、
私はそんな彼らの感情(快、不快)のみしか察知できず、
しっかりとした思考や人間性があるなんて考えもしませんでした。
本当にごめんなさい。私の言動は本当に彼らのストレスの原因となったことでしょう。
4年で教員をやめたのは、ある意味正解だったと思います。

彼らが今幸せでありますように。
直樹さんの夢がかないますように。
内なるコトバを、気付きを、ありがとうございました。

穏やか

こんにちは。
テレビ拝見しました。

番組を見て、すごく穏やかな気持ちになりました。
直樹さんのようにご自分の気持ちを
発したくても、それができないでいる方が
たくさんいらっしゃると思います。
私の知り合いのお子さんも自閉症です。
こんなこと考えているんだな、と
気づくことができました。
これからもいろいろなことを教えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感動しました

たまたまNHKをつけていて幸い拝見することができました。ただただ感動しました。最近、自分の生き方に、自分の存在そのものすら、疑問や後悔を重ねることが多かったのですが、東田さんの生き方や優しい気持ちに触れて、自分も前向きに生きようと改めました。特に、ミッチェルさんが「自分は、息子に何をしてあげればよいか?」と問いだしたのに対し、東田さんが「そのままでいいと思う。なぜなら、息子さんはあなたのことが大好きだから」と答えたシーンにはとても感動するとともに、生きる意味や幸せの意義を考えさせられた気がします。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

息子の思考を沢山知る事が出来ました。ありがとうございます

今日、テレビで東田さんを知り、「跳びはねる思考」の本を買いました。

息子の感じ方が少し理解出来、嬉しくなりました♪

本からブログをしているのをしり、コメントしました。

息子と、私は、クリスチャンです。
私も、教会のホームページの中でブログをしています。
【四日市 主の十字架クリスチャンセンター】
から、【自閉症のあっくん成長期】というブログをしています♪
機会が有ったら、観て下さいm(__)m

NHKの番組を拝見しました

東田さん、こんにちは。
「君が息子について教えてくれたこと」の再放送を、偶然拝見しました。
高倉健さんの特集を見たままテレビをつけていたのです。
番組とはいえ、思わぬ出会いというのは素敵ですね。
わたしは、自閉症の方のなかに、あんなに広く、深く、クリアで美しい世界が広がっていたなど、思ってもいませんでした。
でも、一人の人間として、その人の世界があるのは当たり前なのですよね。
そのことさえ、気付いていなかった。
わたしは、人と知り合い、親しくなるのは、その人の持つ世界を旅することのように思っています。
東田さんのもつすばらしい世界を冒険してみたいです。
絵具の色となって画用紙の上を走りまわったり、ジャンプして空に吸い込まれるような感覚を持ったり、なんて楽しそうなんだろう、うらやましいとさえ、思いました。
とりあえず、本を買ってみたいと思います。
これからのさらなるご活躍お祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがと!なおきさん!

昼間はこどもたちとバタバタなので
テレビをじっとみれるなんて考えられません。
うちの子どもたちを見てくれてる先生のおすすめで
直樹さんのことは気になってました。
そんなところ、たまたまそれも30分前に放送を分かって、
早速録画。
こどもたちが寝静まったところで見たかったですが
待ちきれず、晩酌のお友に拝見しました。
泣きました。
なぜ。
本当に我が子に申し訳ないからです。
分かってあげたつもりでしたけどね。
まだまだ。
こんなに泣き崩れる母の姿にびっくりした
子どもたちは
どうした?かなしい?だいじょうぶ。
私をなでなでしてくれました。
立場からでしょうか。
いつもご一緒のお母さんのやさしい表情。
本当に関心します。
直樹さんはお幸せです。
子育てがんばりたいと思ってます!

怒られる

私も人が怒られてるのを見るのは以前まで嫌だった。
だから、直樹さんの冷静な分析を読んで、そう!!と思いました。
共感してもらえた感じがして嬉しかった(^-^)

私が辛くなる理由

私はアスペルガー(現在は広汎性発達障害というのかな?)からうつを発症し現在に至ります。
他人が怒られているとき、その内容は多かれ少なかれ自分にも当てはまることのように感じます。『私も同じようなとこ ある。今回はたまたま別の人が怒られているけれど 自分に矛先が向かってくるのも時間の問題だ』ととてもビクビクしてしまいます。そうなるとどんどん自分が小さくなり、恐怖に包まれ気づくと涙が出ているのです。
だからこの記事、とても共感出来ました。もちろん人によっていろんな理由があるのだろうけど(理由なんてない人もいるのかも)。

アスペルガーは『共感力が薄い』なんてよく言われて、とても悲しい思いをします。少なくとも自分なりには『その感じ わかる』と思う瞬間がたくさんあるのに。

私ひとりじゃない 同じように思っているひとがいる 同じところで躓いたり苦しんだりしてる人がいる
と思うことは『自分はちゃんと人間なんだ』と思わせてくれるしホッとします。素敵な文章をありがとうございます。

怒りの声から顔や態度が連想でき、人の恐ろしさを感じます。
そこからでる思いで圧倒されます。
怒りを受けるのは耐えらません。
発達しょうがいの検査してないけど、とびきり感性が強く優しい心があると思います。周りの冷たさが信じられない。
どうやって社会で生きるか考えます。
人が優しくなる作品をお願いします。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR