高齢者の記憶

高齢になって記憶力が落ちてくると、

記憶があいまいになるようです。

それは、少し悲しいことですが、

悪いことばかりではありません。

なぜなら、過去でも現在でもなく、今幸せで

あることが、その人の一番の幸せだと

はっきりしているからです。


コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

直樹さんからは年齢問わず、幅広い包容力を感じ嬉しく思います。

No title

東田さんの言葉にふれて毎日が幸せです。

No title

おっしゃる通りですね。どうしても衰えることに対して不安を感じ、それを悪いことと思ってしまう。何故でしょう。やっぱり、その人の気持ちの持ちようですね。

努力

自分にとって都合の悪い記憶は、年齢に関係無くあいまいになったほうがいいと僕は思います。だけど体力は高齢になっても低下しないように今から努力しなければと思います。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR