子どもの歌

僕は、子どもの歌を、よく聞きます。

それは、歌詞やメロディが覚えやすいということも

ありますが、幸せな気分に浸れるからです。

小さい頃を思い出すわけではありません。

幼い子供にやさしく語りかけるような

雰囲気がいいのです。

実際に、そんな口調で話されたら、

バカにされていると、頭にくるのに

歌になったとたん、そう感じるのは

不思議です。

子どもの歌が好きなのと、小さな子ども扱い

されることは、別だとわかってもらいたいです。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ものすごくよくわかります。
そして直樹さんのおっしゃる通りだと思います。

実際目の前でありました、耳にもしました。残念ですが今もあります。たいてい おんなじかたなんですよね。

お相手が しょうがい児・者であったとき、認知症のかた、ご高齢者といろんな場面でありました。
注意したこともありますが、本来それは注意されたからやめるということではないでしょう。

言ってるその人があわれに思えてきます。
滑稽にもみえます。

たとえばお相手が成人であっても 言動が愛らしくあったりすることから、「なんかかわいくって(話しかける言葉が赤ちゃん言葉に)なっちゃう」と。
これは注意しながら、なぜそうなってしまうのか尋ねたときに実際にあった返答ですが、
`愛らしく´というのは 症状等のため ご本人にはそれしかできないということなのですから それを忘れてしまっては困ります。。。

そうしてしまうかたは、ご自身がそうされたらどう思うか、どう感じるのかを、どうかいつもいつのときも意識してください。想像してくださいね。


人間性を観る思いです。
相手のかたによって、合わせ鏡となって そのかたが映し出されているんだなと思ってます。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も好きです

こんにちは。
始めまして。

私も子どもの歌が好きです。
ポリネシアン民謡のサモアの島の歌。
カメハメハ大王の歌。
曲名は分からないけど、
「お馬はみんなパッパカ走るー」。って歌とか。
「菜の花畑に入り日薄れー。」って歌とか。

純粋に面白かったり、美しかったりで、
私は楽しくなったり、うっとりしたりします。

いいですよね。子どもの歌。

好き!

僕は子供の頃に戻った気分で絵を描くのが好きです。子供扱いされても好きな事はやはり好きです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR