頑張る

頑張っているけれど、できないことは、

確かにあると思います。

しかし、できないことの理由に

頑張っていないことだけを問題にしては

いけないと考えています。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当に、その通りですね。
そして暖かい視線です。

学校

私は退職教員です。発達しょうがいが原因で成績不振だった生徒にも努力を強いていた、と悔いています。でも、ひとつ教室の中の各々に、「君は努力。」「君には支援。」と違う指導するのもどうだろうね?生徒にも抵抗あるだろうな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いろんな解釈ができますが

頑張るという言葉が、抽象的で、具体的にどの行動を意味するのかが、人それぞれ解釈が違うところを、本当は問題にすべきなのかもしれません。

No title

はじめまして。
発達障害で障害者雇用で働いています。
会社からはまさに、「頑張っていないこと」を指摘されました。
抵抗しても理解されず、疲れてしまいました。

ただ逆の立場になることは、今までの人生であったと思います。
努力がたりない、頑張ってない。
自分が言われるようになって、残酷な言葉だったと痛感しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私は段々と出来ない自分でいいんだと思えるようになったのです。
出来ないから助け合える。そこにお互いの学びがあると思うので。
誰でも出来ないこと、できる事がありますものね。

東田さんの言うことに同感です。

「努力が足りないんだ。」

この言葉は、人、自分を否定し追い詰める言葉だと、大人になってから分かりました。

そうですよね。

頑張れなくても、「頑張りたい」と思う気持ちや「今は頑張れないけど、このつぎ頑張る」なんて思える気持ちは、日々の活力になりませんか?
そして「頑張れない」と素直に認める気持ちやその事で例えネガティヴな気持ちになったとしまても、自分自身と向き合う事に繋がると思うので、「頑張る」事も「頑張れない」事も「経験値」が上がりますね。
良い事ではないでしょうか?

…と言い訳じみた事の繰り返しで日々前向きに過ごしています。

「笑う門には福来たる」


プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR