僕は、猫が好きですが、あまり近寄ることは

できません。

それは、猫が僕の心を見透かしているような目で

見るからです。

猫の目が怖いのではなく、心を読まれてしまうのが、

恐ろしいのだと思います。

話せない猫におびえる。

それが、どうしてなのか、わかりません。

けれども、今日も僕は、猫を見ると

こそこそと、逃げ出してしまうのです。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わたしは、猫を見つけると、つい、話しかけたり、さわりたくなったりします~。o(^o^)o(笑)

見透かしてるって、どんな風にだろー?
猫って、目が合うと、そらさずに、じーっと見たりするからかな。
東田さんは、こういう感覚から童話を思いついたり、書いたりするのかなぁ~。
なんて、わたしは、東田さんの童話ファンなので、色々想像しちゃいました♪(^〇^)

まあ直樹さん、直樹さんから「猫が好き」って聞けるなんて うれしい(*^_^*)
私も大好きです
お日様にあたった猫に顔を埋めると お日さまの匂いとやわらかさにココロもカラダも癒されます。いっぱいのやさしさに包まれます。

猫に限りませんが、見透かされ感があると とてもラクになります。
も~ぅどうあっても自分でしかないので このままでいいんだゎ~ このまままるごと見透かしちゃって~~と思うのです。

そしてこれからもどうぞよろしくと思うのです☆

直樹さんは猫がちょっと苦手なんですね〜。
犬はどうですか?
私はどちらも大好きです^^

No title

猫がすきなんですね?私もです。
好きなのに、怖いような気がする感覚はわかる気がします。
好きなら近づけば良いのに、逃げてしまう。
人って見たままでは理解されないことがあるのですね?

私は以前タマという猫を飼っていました。
16歳(猫齢にするとけっこうなおじいちゃんです)まで生きました。

猫を見てもにらめっこでは負けません。
向こうが先に目をそむけるまでこちらは凝視していました。笑

でもね、もし直樹くんのような人と対面したら
たぶんチラッと見られて一度でも目が合ったらね、
きっと電波が走ったように縮みあがっちゃう気がするのよ。

なぜそう思うのかはわかりません。
「見透かされてる」と感じるのとはちょっと違います。

デイビッドさんが直樹くんと会った時もちょっと目と目が合っただけで直樹くんが全てを理解してるように見えたって言ってましたよね。
それにちょっと似てるかも・・・。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR