家族

僕の家は、父と母と姉と僕の4人家族です。

どこにでもいる家族だと思っています。

僕にとっては、自慢できる家族ですが、

特別に立派なわけではありません。

僕は作家です。

けれども、家族は文章を書く仕事を

しているわけではありません。

僕も、それでいいと考えています。

コメントの投稿

Secret

家族

我が家は、主人・私・チビ介
…そしてチビ介にはでかいお兄ちゃんが2人の5人家族です
次男坊は直樹くんの一つ下になります
先日はチビ介の質問に答えて頂き有難うございました

我が家も、ごく普通なんですが、周りから仲のよい家族!って言われます
とてもうれしい事です
いつまでも自然体でいたいです

そうです!!!

だから今ある直樹さんがあり、
今ある直樹さんに出逢えました

東田ファミリーお一人おひとりと

東田ファミリーまるごとの

ココロとカラダのご健康を
何よりも何よりも心を込めて心からお祈りしています☆★☆★☆★☆

大切な大切なみなさまです\(*^_^*)/ハグハグ


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有難うございました。

はじめまして。
8月のNHK番組の中でとても響いた言葉がありましたので、すぐに本を注文し(在庫切れで、アマゾンで3週間近く待ちました)、その後も番組の動画、また先日の9月13日同曜日の再放送と何度も繰り返し見させて頂きました。
その響いた言葉と言いますのは、「物はすべて美しさを持っています。僕たちは、その美しさを自分の事のように喜ぶことが出来るのです。」私はその言葉を聞いた時に、この世の中の人、物すべてが繋がっている、同じであるというのを感じました。
我々がこの世に生を受けると同時に忘れてしまう本来の魂の声が、直樹さんには聞こえていると感じたのです。
直樹さんのような目、魂を持ちえない我々に為に、これからも直樹さんの感じることを沢山聞かせて頂きたいと願っております。

直樹さんの本を拝読しながら、私自身がもしかしたら、経度の自閉症であったのではないか?と思った位、似ている所が沢山ありました。しかし私はそれに対して正直に真っ直ぐ向き合う事が出来ず、生き易いように周囲に合わせて来たのでしょう。

こういう言葉を使うと語弊があるかもしれませんが、拝読しながら心を正直に表現できる直樹さんが羨ましく感じました。

私の周囲に自閉症の人がいるわけではありませんが、介護をしています母の言動への理解にもプラスになるのではないかと思っています。

本当に有難うございました。

そして、これからも沢山の心の言葉、楽しみにしております。

家族

高学歴、高収入、身分が高いなどという、一般的に言われる優秀な生き方をしているから立派なのでしょうか。
それらの人たちはただ、世間体を気にしながら生きていて、ありのままに生きていない気がします。見栄を張って、本当は生き辛い人生だと思います。
「立派」で生きるよりも、毎日を明るく楽しく笑いながら生きるほうが、本来の幸せではないでしょうか。
直樹君が感じている自慢できるご家族が、一番幸せな証のように感じます。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR