NHK番組再々放送のお礼

番組をご覧くださった方々、そして

感想を寄せてくださった方々に

心から感謝しています。

この番組は僕にとって、これまで僕の本を

読んでくださった人達に対する

お礼の気持ちでもありました。

僕が自力ポインティングできるように

なるまでには、たくさんの努力が

必要でした。

それは、才能や偶然というものではなく、

一流のアスリートと同じように、孤独で

コツコツとした練習の積み重ねによる

結果です。

僕は、障害を乗り越えたわけではなく

新しいコミュニケーション方法を身につけた

のだと考えています。

道を切り開かなければ、誰にもわかって

もらえなかったのは、障害があること以上に

辛かったです。

たぶん、僕は、一生をかけて証明し続けなければ

ならないのでしょう。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

番組拝見しました

我が家にも自閉症、重度4才男の子がいます。やっばりあの時は、分かっていてあの行動だったんだ、と確信しました。少し彼の気持ちが分かったようでとても嬉しかったです。本当に、本当に、ありがとうございました。これからも、応援しています。もっと、もっと輝いてください。

感動しました。

番組拝見しました!!映像で、東田さんを見ることができて、良かったです。
自閉症の息子の気持ちを代弁してくださっているようでした。ありがとうございます。とても息子を愛おしく思います。希望の光が見えた様に思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらこそ感謝です。

東田直樹さんの存在を知ることができて、本当に良かったです。

うまく言葉が見つからないくらい、感動しています。
そして、感謝しています。
ありがとうございます。

言いたいことがありすぎて、うまく書けません!(汗)

本当にありがとうございます。
これからも頑張って下さい!

直樹君の使命を楽しんで下さい☆

番組では、朗読の濱田岳さんの優しい声が、一層気持ちを癒してくれました。
幼少の頃から直樹君の才能を見抜いていたお母さんは凄い方です。
自力ポインティング出来るまで努力を積み重ねて来れたのも、
今のご家族の元に生まれてきたからでしょう。
私は全てが必然だと思います。
定型発達の人も、様々な苦しみを抱えて生きていると思います。
きっとみんなが平等なのでしょうね。
これからも辛いことは受け止めて、日々の出来事を楽しんで、
直樹君の感覚を大切にしながら、多くの人達に伝え続けて頂きたいと思います。
貴重な出会いに感謝します。

感動しました!

NHKを見ました。
わが子も発達障害があり、息子とのコミニケーションに困ることがありました。
僕のせいで犠牲にしない、僕のせいで悩んでほしくない。
家族の笑顔が大切なんだと気づかされました。
無理をせず、息子と笑い合うように自然にもっと気楽に生きていきたいと考え直しました。
ナオキさんもすごいですが、それを引き出したお母様のアイデアが素晴らしいと感じました。
ありがとうございました。
また、じっくり本も読みたいと思います。

涙が止まりません

本日、何気なくNHKをつけていたところ偶然に貴殿の番組に遭遇し、最後まで見入ってしまいました。もう感動で涙が止まりません...この素敵な出会いに心から感謝しております。ご家族の暖かい愛情に包まれた直樹さんの心優しく豊かな表現、純粋で前向きな生き方は私に勇気を与えてくれました。これからも貴殿の言葉を楽しみにしております。本当にありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひとりでも多くの方に

8月16日、たまたまつけたTVで番組を拝見しました。
軽度の発達障害(6歳)の息子の父です。
番組放送終了後、すぐにインターネットにて本を取り寄せ
読ませていただきました。
今までいろんな本を読みましたが、知識は勉強できても
靄がかかったままでなんとなくの手探りの状態でした。
でもこの本のおかげで光がさした思いです。
ありがとうございました。
私のこの感動を一人でも多くの方に感じてほしくて
今回の番組(NHK)と本の紹介のPOPを自作で作成し、
地域の子供支援センターや療育センター・息子の通う小学校・
地元新聞社(市民の声として掲載していただきました)
・市長のホームページ・県知事のホームページ・フリーペーパーなどに配布させていただきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あなたが飛び跳ねるのは、あなたが天使だからだって、そう思いました。v-353

かんどうです!

わたしは自閉症ではないのですが、貴方の言葉は胸の奥を揺らした。わたしは難病をかかえていますが、目に高くて美しい山を映してkいきたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

番組拝見しました

NHKの番組拝見しました。
私には7歳になる自閉症の息子がいます。
オフィシャルサイトにて横須賀での講演会の
開催があると拝見いたしましたが
どこで申込すればよいのかが不明でした。
是非とも、お話をお聞きする機会を
得たいと思っています。
横須賀のどこで、開催されるのか
情報をお問い合わせするのは
どちらが良いのでしょうか?

感動しました

きのう、ドキュメンタリーを拝見しました。
とても感動しました。
うまく説明はできないのですが、人間って、人って、すごいなあと思いました。

東田さんの本を読んでみたくなり、最寄りの図書館に行ってみましたが、すでに予約が何十件も入っていたりして、一冊も借りられませんでした。
近くに書店があるのを思い出して、行ってみると、お店に入ってすぐに、一冊だけ残った東田さんの本が目に入ってきて、なにか運命のようなものを感じました。

私の身近に自閉症の方がいるわけではありませんが、東田さんの生き方というものに少し触れて、ものの見方や考え方がちょっとだけ変わったような気がします。
新鮮で、やわらかい気持ちになりました。
すてきな時間と気づきをありがとうございました。

No title

昨日の放送 拝見いたしました。重・軽の差 は有るかも知れませんが 自閉症のお子さんを持つ 旧友・VANILLAさん が ぜひ 見るように と知らせてくれたのです。

感動と怒り を感じました。 我が子を「愛せない」と言う感情は私には判りません。親の子への愛 とは わざわざ意思表示する事なのでしょうか?

それと このブログを拝見し 憤りを感じました。なぜ「障害」なのでしょう。「公害」のように多くの方々に迷惑をかけているのですか? 「害虫」のように人間の命を脅かす存在なのですか? 

当用漢字には無い との理由から「障害」と使われて来ましたが 最近は 各自治体を始め「障がい」と ひらがな表示が多く見受けられるようにになりました。本来は「障碍」です。私も「障碍者」です。私達は抗いようの無い何かに「碍げられている(さまたげられている)」のです。

今後「害」は 使って欲しくない。

驚き

私は、10年間ガイドヘルパーをやっている者でが、
今回の直樹君の放送を見て、
いったい私は何をやっていたんだろう?と反省し、
これからはもっとより良いヘルパーでいよう!と改心しました。

久し振りに、感動の涙をたくさん流しました。特に、デビッドさんとの件りです。

デビッドさんとの新しい本を作成中とのことですが、この本が完成したら、また世界中の自閉症関係者にどれほどの勇気を与えてくれることでしょうか!

楽しみにしています。

No title

始めまして
偶然に番組拝見しました。
......今まで偏見を持っていました。
気付かせてくれて本当に有り難う御座います。
涙がなぜかとまりませんでした。

自分の子供の頃の忘れていた感性を思い出しました。

御礼

東田直樹さんへ

東田さんの本「跳びはねる理由」とその続編、
最新刊の「跳びはねる思考」を読み、
感謝の気持ちを伝えたくて、
こちらのサイトに伺いました。

人生に必要な事や、大切な事、向き合う姿勢、考え方など、
沢山の勉強になる事が書いてありました。

本を読んで、自分の中に生きる勇気や希望を見つけました。
有難うございました。

詩人・作家として、今後益々のご活躍を
お祈りしております。


追伸:東田さんハンサムですよね。
お母様似でしょうか??

No title

はじめまして、こんばんは。
番組を見て、とても感動しました。
ずっと泣きながら見ていました。
感想をブログに書いたので、よかったらご覧ください。

番組の反響などから、新たなたいへんさも生じるかと思いますが、
どうかどうか、東田さんはそのまんま行って欲しいです。
応援しています。

感動をありがとう

私も番組を見て、今まで自閉症の方達について誤解してたことに気付きました。町で見かけても、どう接していいのか分からなくて。人間は一人一人に素晴らしい与えられた才能や生き方があるのですね。これからも素敵な人生を歩んで下さい^_^

モノサシ

たまたまNHKドキュメントを見ました。
たまたま2回、たまたま後半だけ。


私の周りには特に、自閉症の人はいませんが、
そんなことは全く関係なく、
引き込まれて見てました。


そしてブログを拝見。
その文章に、どれも心ざわざわとさせられました。

世で言われる「障害」なんて枠とは関係なく、
どんな人にも、
人と人の間には色んな線引きがあって、
枠がイメージづくりされてしまっている。

それでも不思議なつながりがあって、
入り組んでいて、
自由だったり不自由だったり。


直樹さんのコトバから感じられる”ざわざわ”は、
新たな見方、感じ方を示してくれる
モノサシの様です。





なぜ涙がでるのか

何気なく見てたのですが、だんだん心の奥が揺さぶられました!!主人も見たいと言ってますので是非!是非!再放送お願いします。

一言伝えたくて

放送拝見させていただきました!
涙が止まりませんでした…
私は施設の支援員として、日々自閉症の人たちと一緒に仕事をしています。
これからは専門性を振りかざすのではなく、時間と空間と余裕をもって、「普通」に共に働く仲間として接していきたいと強く思いました。ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR