精一杯

腹八分という言葉がありますが、足りないくらいが

ちょうどいいという考えは、人間ならでは

だと思います。

全力をつくさなければいけないはずなのに、

ある場面では、ほどほどでいいなんて、考えれば

矛盾しています。

僕は、自分がどのくらい力を出しているかなんて、

意識したことはありません。

その時、やれるだけのことをやっています。

それが、僕の精一杯なのでしょう。

精一杯は、僕の中では「全力」と「ほどほど」の

中間です。

コメントの投稿

Secret

こんばんは!
東田さんの短いエッセイの中にはいつも気づきがあります。
精一杯と、全力、確かに意味合いが違いますね。

全力っていうのは、短期間にある一定の目標を達成するための、エンジンフル回転状態で、「こうなる」ための努力。

精一杯っていうのは、持続的に自分自身のパフォーマンスを最高に保っている状態で、「こうある」ための努力。

そんな感じでしょうか?、
どちらもなかなか大変ですね。
でも東田さんの精一杯、伝わってますよ。

例えばアスリートの羽生選手や錦織選手の「全力」も、
東田さんの「精一杯」も、
等しく私達に力や感動を与えてくれます。

その感動を受け取ることが出来る私達は幸せものです(´∀`)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR