いくつもの風

「いくつもの風」

風はいくつあるのだろう

風が十なら束にして あの娘の髪に飾ろう

十の風は花のよう

きっと 彼女に似合うはず

風が百なら籠に入れ あの娘の手に届けよう

百の風は鳥のよう

きっと 彼女は笑うはず

風が千なら雲に頼み あの娘のまわりにふかせよう

千の風は曲のよう

きっと 彼女が気づくはず

いくつもの風の中に

僕の思いがあることを

                東田直樹

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

おはようございます。

8月28日のテレビ放送を観て、直樹さんのことを知りました。
直樹さんの素直な気持ちや真っ直ぐな心にとても感動いたしました。
世界中のたくさんの人に大きな大きなプラスの影響をもたらしていると思います。

すぐに直樹さんの本の予約をしました。
9月のはじめには届くみたいなので、とても楽しみです。

また、直樹さんの過去のブログも読んでいます。
今、2012年8月まで読みました。
直樹さんの考えや言葉には説得力があり、学ぶことがたくさんあります。
残りのブログもしっかりと心に留めて読みたいです。

「いくつもの風」とってもロマンチックな詩で良いですね。
心も頬っぺたもポカポカになって、自然と笑顔になりました。

9月の再放送も必ず観ます。
ブログの更新も楽しみにしていますね。

直樹さん生まれてきてくれて、ありがとうございます。
私も同じ時代に生まれてきて、本当によかったです。
自分の気持ちや相手の気持ちを大事にします。

声に出してよんでみた

風がくちびるからこぼれ始めた


それぞれが訪ねて行きたいところへと向かい出した


受け取るひと それぞれにふさわしいものへと変化した


そこにはただひとつ共通していることがあった



それは愛という風だった




言葉って素敵ですね。

はじめまして

大切な人にこんな詩を送ったらきっとすごく喜びますね

素敵な詩ですね。

島崎藤村の「初恋」を思い出しました。

なんて初々しく瑞々しい言葉の贈り物でしょう。

これからも素敵な詩を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

さいごの、きっと彼女がきづくはず

ではっとさせられました。

東田さんの詩はすこし金子みすずさんの

詩の運び方ににていますが、

東田さんの詩は空間が広く感じられる

息がすっとなる感覚がします。

すごくステキです。

少女に戻った気持ちになります!

風の心地よさの納得が、いきました(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

直樹さんの言葉は、その大切さを味わっているようでときめきます。
あの娘ってどんな人?
女性の私は少し焼きもち( *´艸`)
だけど、大好きな詩です。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR