番組を見てくださってありがとうございました

皆様の感想を読ませていただきました。

僕は、本当に嬉しかったです。

心から感謝しています。

僕は、全ての自閉症者の代表ではありません。

自閉症者といっても、一人一人違います。

僕にとっていいことが、他の人にもいいことだとは限らないのです。

あなたの身近にいる自閉症者が、どんな人か、あなた自身の目と心で

確かめてください。

それが、僕の願いです。


コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

東田さんへ

昨夜のテレビ番組を見逃してしまい残念だと思っていたら、次男が録画してくれていて、彼も番組を見て「すごいなあ」と言っていました。
うちは長男が自閉症と発達障害を持っています。
「家族仲良し」が長男の希望です。
昨日の番組の直樹さんの言葉に、その意味が隠されているようでした。

ありがとうございます。

9/6の大阪での講演会を楽しみに心待ちにしています。

No title

はじめまして あなたの本はずっと前から読んでいます。僕の世界という絵本が最初でした。二人の自閉症の男の子がいますが、東田さんとは違うようだと感じていました。ですが通じるものはたくさんありました。
講演会に行ってみたくても遠方でいけず、あなたの姿が見たかったので、テレビでみれて満足です。あなたの言葉はいつも慰めでした。たとえ私が自閉症の子の親でなくてもそう思ったでしょう。人としての気持ちです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

こんばんわ
私は3歳の双子の母です
昨日の放送で、はじめて東田直樹さんのことをしりました

とても感動しました

特に印象的だったのが
絵を書いている時の気持ちを
お話している場面です

息子は
去年自閉症スペクトラムと診断されています

今絵を青のくれよんで、ぐるぐると書くのが大好きです

牛乳とお茶を混ぜて遊んだり、お茶を床にこぼして、笑いながら手でのばしたり
してました

東田さんの昨日のお話を聞いて
もしかすると、泳いでる感覚なのかな?
と感じました

今日早速本屋さんと図書館に

自閉症の僕が跳び跳ねる理由を
予約してきました

読める日が楽しみです

図書館では
カンスケとあかいはっぱ
をかりれました

息子達にも
自分を必要とされる幸せ
人の為に生きる幸せを
感じれる幸せな人に

自分を大好きになれる人に
応援したいと
強く感じました

ありがとうございました



うれしかったです

 直樹さんのことは、大学の先生が講義の中でお話してくださったので存じ上げておりました。本も数冊もっています。でも、直樹さんのことを周りの人たちに説明しても上手く伝えられないので(直樹さんの自閉症バリバリの言動と理路整然とした文章のギャップは口では説明できません!)、今回のTV番組の放映はとても嬉しかったです。たくさんの方々に直樹さんのことを知ってもらえるいい機会でしたね。ぜひぜひ、もっと早い時間帯に再放送をしてほしいです。もっとたくさんの人に観てもらえるように大々的に宣伝して。また、本が翻訳されて、海外の方々も読んでくださっているなんて素敵です!直樹さんやお母さん始めご家族のこれまでの努力が着々と実っている感じがします。

 自閉症といっても一人ひとり違うというのは、その通りだと思います。最近は自閉症(スペクトラム)、発達障害、LDなど、様々な診断をされたご本人や、その家族、パートナーなどの方の本がたくさん出版されるようになりました。それらを参考にしながら、障害名でひとつにくくることなく、目の前にいる自閉症等の方一人ひとりに接していきたいと思います。

No title

偶然チャンネルを変えたら番組が入っていました。最初の15分見逃しとても残念です。

私は障がい者支援施設で支援員の仕事をしています。
日々たくさんの利用者さんとかかわるなかで難しいと思うことも多々あり、色々と考えながら番組拝見しました。本当にそうですね・・一人一人みんな違いす。しっかり向き合って日々の支援にあたっていこうと思います。

東田さんの今後の活躍を期待しています。
番組を観ることが出来よかったです。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

昨日、偶然に東田さんの特集をTVで見ました。私は、ビックイシューで東田さんのことを存じ上げていたのに、しばらくは気づきませんでした。
私は看護師で、自閉症のこども達と接する機会があるのですが、コミュニケーションをどうやってとっていいのかわからなかったですが、なんとなくわかり始めたようなきっかけになりました。お互いに慣れてくれば、こども達の考えてる思いが少しは理解できるようになるのですが・・・もちろん人によって違いますね。
あなたを映像を通してですが、お会いすることができて本当によかった。
ありがとうございます。

ひとりひとり

こんばんは。
東田直樹さんというかたを
わたしも
たくさんの方々も
尊敬していることを
改めて感じています。
そして人間
誰もがひとりひとり違うのですよね。
その人が
幸せで笑顔を大切な人々と
わかち合えれば最高!
それは全ての人に
あてはまりますよね。

無事おかえりなさい。そしてお疲れ様でした。

たしかに…そう思います。
とくに、療育関係者の方達には、その子一人一人の特性などをよく見てあげて欲しいです!

息子も4歳になり、うまく言葉には出来ないけど、言ってることや状況がわかるようになってきたので、母の私も変わらないとと思っています。普通に4歳の子に接するように注意やしつけも大事ですよね(^^)

No title

なおきさんの事は昨日の番組で初めて知りました。
私には三歳の娘がいます。障害を持っていてもそうでなくても、親が子供をまるごと受け止めることが子育てで1番大切なんだとなおきさんに教えてもらいました。ありがとうございます。
なおきさんのお母さんは素敵です。
私も娘に笑ってばかりいられたらいいなあ。いや、いられると思います。ありがとう!おわり!

なおき君

初めまして。
昨日 偶然 NHKで 拝見しました。
感動しました。
更年期障害で 治療中です。
気分が 落ちこんだり イライラしたり …

悩みを 相談したいと 思いながらも
誰にもできずにいました。
なおき君のTV 拝見して
感動して 泣いたら
なんだか わからないけど
悩み相談してもらえたような
幸せな 気持ちになりました。
今度 本屋に なおき君の本を買いに行きたいなぁ~

No title

番組を偶然見て、とても温かい気持ちになりました。

東田さんの周りにいる人たちや、本を手にした世界中の

人たちが幸せな気持ちになっていると思います。

元気が出ました。

東田さんこんばんは。
昨日のNHKの番組を録画して、今朝自閉症の弟・母・私で観ました。弟は言葉が話せず、字も書けないので、どう感じたかわかりませんが…

私と母が東田さんの本を初めて読んだ時、ニューヨークの自閉症のお子さんを持つお父さんと同じで「今まで何もわかってなかった」と感じて、二人で泣きました(私たちが読んだのは別の本でしたが)。
今回の番組を、みんな家族として同じように悩んでるんだなぁと思って観ていました…
これからも家族みんなで毎日を大事に、楽しく過ごそう!と気持ちを新たにしました。元気が出ました。

昨日のテレビで初めて東田直樹さんのことを知りました。
なぜか涙が止まらなかった。
一生懸命質問に答えようとする姿、飛び跳ねる意味、直樹くんの人に感謝する純粋な心が胸にささりました。
すぐに本を読んでみたくなりました!!
講演がありましたら聴きに行きたいと思います。

ありがとうございました‼︎

5歳になる次男が自閉症です。

全く言葉が話せません。

よく床に頭を打ちつけたり、自分の頬を自分で殴ったり、大声で泣きわめいたりします。

番組を拝見し、次男のことが少しわかった気がして、嬉しさで涙が止まりませんでした。

次男の将来が不安で落ち込んでいた時に直樹さんの番組を見て救われました。
本当にありがとうございました‼︎

はじめまして

私の周りには自閉症の人がいなくて
失礼ですが、たまに街で見かけると何かされるのではないかと少しビクビクしていました
自閉症の人たちは世の中の事や他人の事など分からないと思ってました
しかしそれは間違ってました

もっと知りたい
もっと自閉症について調べたい
そんな気持ちになりました
うまく言葉にできないけど、感謝でいっぱいです

そうですね。直樹さんのおっしゃるとおりです。
人間みな違うのですから。
でも直樹さんが色んな形で直樹さんの想いを発信されること自体が、自閉症の人、家族の人、自閉症を知らない人、沢山の人の心に、響くのだと思います。
直樹さんは、人の視線が痛いとおっしゃっていました。私は絶対にそんな視線をむけません!そして、直樹さんがそんな気持ちにならないような、世の中にしないといけないと心から思いました。ありがとうございます。

No title

見られなかった友人に、番組をダビングして、届ける約束もしました。

沢山の人に直樹さんの声を届けて、周りの自閉症者を心と目でたしかめてもらえるようにしたいです。

直樹さん、ありがとう。

No title

初めてコメントいたします。
我が家には、15歳の自閉症の娘がおります。
先日のテレビ、娘以外の家族全員で見ました。娘も家族が大好きです。泣いていると心配してくれます。
なので、母として笑顔でいようと決めました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

番組を観ての感想。

NHKの番組を観ました。

僕は自閉症ではないですが、自分の思いを言葉にすることが苦手だったり、人の視線が怖かったり、突然跳び跳ねはねたくなる気持ちはわかる気がします。それが衝動的に外にでてしまうのが東田さんであり、それを内に押さえ込んでしまうのが、僕なんだと思いました。

僕は普段から自分の気持ちを押し殺してしまい、その気持ちは一体なんなのか。言葉にするとどういうことなのか、わからないことがありました。それを言葉にしてくれているのが、東田さんです。僕にとっての東田さんはそういう存在です。

言葉にしてくれることで、自分の気持ちを理解できるようになり、そして同じ気持ちを感じている人がどこかにいる、と思うことができる。それが僕にとって救いでした。とても大きい存在です。

もっと思うことがあるのですが、今はこのへんにしておきます。

cakesの連載も読ませていだいています。楽しみにしてます。

心に残る言葉

先日の番組、私も偶然拝見し、感動しました。
そして、今だに直樹さんの言葉が心に残っています。
心の底の深いところに静かに沈んでいくような、真っ直ぐだけど優しく暖かい言葉たち。
私は短歌を詠むことを趣味にしていますが、直樹さんの紡ぎ出した言葉達は、これまで出会ったことがない美しさを感じました。

私は自閉症を病気や障がいと捉えることに違和感を感じています。
綺麗な桜が直視出来ないこと、大切な人との出会いに戸惑うこと、そういう気持ちは程度の差こそあれ、誰しも共有しているものです。

直樹さんのおっしゃるとおり、ひとりひとり得意なことも苦手なことも違います。

こういう人は○○症と枠にはめてしまうのではなく、それぞれの特性を個性をとして認め合い、理解し合いうことが出来れば、それぞれが輝ける存在になれるはずだと思いました。

私も私の頂上を目指して頑張って行きたいと思いました。

沢山の素敵な言葉をありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

こんにちは!

以前に公演に参加させていただいたものです。私は本当に幸運にもたまたま番組を知ることが出来て幸せでした

久しぶりに東田さんとお母さんにお目にかかれて本当に本当に嬉しかったです。

本当にすごいです。


私も頑張らねばと思い出します。


ありがとうございます。


遠くからいつも幸運と暖かい光を願い祈ります

はじめまして。
私は重度の強迫症障害者です。
私は自分の感情がコントロール出来ずにいます。
だから余計なことばかり考え過ぎて心が疲れ、少し死も考えてました。

そんな時に、またまた東田さんの番組を見て勝手に共感し、心が楽になりました。
ありがとうございます。

家族にはまたまた迷惑かけますが、焦らずゆっくりと前を向いて生きたいと思います!
本当にありがとうございます。

はじめまして!

はじめまして!
僕は高機能自閉症と統合失調症の20歳代です。
東田さんに質問があるので、答えてください。
東田さん自身のブログで返信しても良いですし、ヤンタローのブログかメールで返信しても良いです。
長文になるようなら、ヤンタローのメールでお願いします。

1つ目は相互リンクができるかどうかです。
もしできましたら、相互リンクよろしくお願いします。
2つ目は、僕は最近でもその症状?でつらいですけど、昔のようなヤンタローの視線が刺さるように感じることは少ないです。
それはたぶん感覚異常だと思うのですが、こういったような経験をお持ちかを答えてほしいんです。
具体的に言うと、サングラスをかけて物を見ているとサングラスを貫通して物に視線が刺さる感覚とか、目を閉じていたりアイマスクをしていても自分の中で視線が目に突き刺さる感覚でつらかったのです。

見て良かったです!!

東田さんとデビッドさんが話しているシーンがとても
印象的でした。
デビッドさんの包み込むような雰囲気。
あの空間、私にとっては、特別でした。
自分でも分からないけど、涙が出て来ました。

東田さんの本、まだ、読んだことありませんが、
ぜひ、読んでみたいと思います。
デビットさんのことも、もっと知りたいです。

相手のことを分かろうとすること、理解しようと
すること、もっと学びたいです。

No title

私には直希という10歳の息子がいます、直樹さんと字は違いますが、同じ名前ですね。番組見ました。なんでだかぼろぼろ泣けてきました。

直樹さんの本を読み返しています。
何度言っても同じことを繰り返す息子、大きな声を出す息子に怒ってしまうダメな母親です。本を読んで、わかったつもりになっても、そういう場面になると怒ってしまうことがあります。
最近息子は私を嫌いと言います。

もっと息子の安心できる場でありたいと思うのに、その時の感情に負けてしまいます。
番組を見て、世界中にいる自閉症の家族の方々の気持ちに触れ、私もまた頑張って行こうと思います。
息子が居心地のいい家にしてあげたいです。
嫌いと言われても、私は息子が大好きなんです。

ブログ、いつも楽しみにしています。
これからもたくさん書いてくださいね。

自閉症?

私は「自閉症」という言葉が、的確な言葉なのかと疑問を常々持っています。


「自分を閉ざす」というように読み取れるわけですが、
果たしてそうなのかな??


ちなみに、自分を閉ざしている人は、自閉症じゃなくても、たくさんいます。
最近の世界では、とかくそういう「自分を閉ざす」人が多いです。


自閉症ではなくて、他の言葉に変えて欲しいなあと思うのですが。
英語でAutismでいいんじゃないかなぁと。

すでに「自閉症」という言葉が一般的になってしまっているので、
難しい事かもしれませんが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感謝でいっぱいです

直樹さん、こんばんは。

直樹さんの特番、コトバでは言い尽くせないほどたくさんのものをいただきました。

直樹さんの愛や努力や勇気がたくさんたくさん伝わってきて、多くの人の心を動かしています。

本当にありがとうございます。

私と自閉症の息子(俊しゅん)も番組にちょこっとご一緒させてもらえて、本当に光栄です。

私たちには想像もできないほどの直樹さんの今までの努力と愛とご家族の深い深い愛が、世界中の人たちに優しい気持ちと幸せをたくさん届けて下さいましたね。

偉大なるミッチェル氏にも心から感謝いたします。

これからますますお忙しくなるかと思いますが、心身共にご自愛してお過ごし下さい。

また講演会でお会いできるのを楽しみにしています。

よかったです

放送があることをたくさんの人に伝えました。
たくさんの感想が戻ってきています。

直樹さんやご家族、そしてミッチェルさんの
透き通った 光の感じ がそのまま電波に乗って
届いてきました。

ピュア、って 曇りがなく、透明 ってことなんですね。

NHKの担当者の方たちの思いの深さも
感じられました。

直樹さんやミッチェルさんの「存在」が、自然に
ああいう番組を生まれさせたのかもしれません。

直樹さんのことばによって暗闇から抜け出せる
お子さんや親ごさんがたくさんいます。

お忙しくなって体調管理が大変でしょうが、
12月の狛江での企画も、どうぞ、よろしく
お願いします。
準備が遅れていますが、がんばります!!



素敵な世界をありがとうございました

先日のNHK番組、「君が僕の息子について教えてくれた事」 拝見致しました。
素直にとても感動しました。東田さんの言葉のひとつひとつに愛が感じられます。
東田さんがこうした表現方法を習得された事は、きっと世界の自閉症児のみならず、すべての人々の心に共通する光を見いだすために、表現する使命をもたれているのではないかと勝手に想像して、うれしくて涙が出ました。
きっと世界平和への道が、東田さんの文章の先にあるのではないかと思うくらいです。

私は普段、病院に務めており、また自身でも仲間と発達障害児の支援活動を行っておりますが、改めて、支援という言葉や自分たちの活動について考えさせられました。

私たちが教わる姿勢を忘れず、これからも子ども達や保護者の方々と伴に居たいと思います。本当にありがとうございました。

とうとうこのような時が訪れてくれました。

出逢われるべくして出逢えたお二人。

光と影。
海の底深く、深く深く深く、考えられないほどに深いところまでいかれたでしょう直樹さんだからこそ、長い間の努力が今時を経て水面にカオを出し、空へと向かえる力を授かることができました。

ミッチェルさんというお互いが素晴らしいパートナーを得られて、、、、、、、
夢のようです。


直樹さんを応援する たくさんの愛という光が直樹さんを包み込み、直樹さんが目指されるところへと運ばれますように


直樹さんと直樹さんご家族のココロとカラダのご健康を何よりも祈っています。

愛こそすべて☆
世界中が希望の光で満ちあふれていきますように

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も人の視線が怖いです。

うるさいのが苦手で昨日もバスの中でパニックになりそうになっちゃいました。

でもなんとか我慢できました。

録画して、直樹君のテレビ見ました。

やっぱりあかねと似てるなーっておもいました。

ありがとうございました♡

YouTubeで映像観ました!!
素晴らしい\(^‿^)/❤感動しました!!

直樹さんの素晴らしい感性と個性!
これからも才能を発揮して
沢山本を書いて欲しいです〜
まだ読んだ事がないので…
これから読んでみたいと思いましたv-344

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました!!

自閉症 児をもつ一児の母です。
涙が止まりませんでた。
まだ5歳になったばかりの子です。
色んな書籍を買って、理解しようとしても、なかなか理解出来ません…
でも、TVを見て 直樹さんの考えなどを
拝見し、もう一度 子供と向き合い
ある可能性を伸ばしてあげたいと思います。まだ 購入してませんが、注文し
実際の自閉症の方の思ってる事を参考にしていきたいです。それから、お母様が笑顔で素敵でした。私も 笑顔で接して、子供と同じ世界を感じれたら…と思います。

ぼくにできること

中学で校長をしています。職場の先生方・市教委の担当者に、東田さんのこと・番組のことや本のことを話をしています。この夏休み、多くの教育相談・授業づくりの教職員研修や「先生のためのことばセミナー」(NHK)を受講しました。また『「サル化」する人間社会』(山極寿一)を読んだりしていました。共通していることは、コミュニケーションの大切さ、想像力の大切さ、表現力の大切さでした。あと少しで夏季休業が終わります。この夏に学んだことを大切にします。東田さんの存在を知って、感謝です。ありがとうございます。再放送のことも伝えます。

*(^o^)/*

私は中学二年の反抗期盛りの息子を持つ母です。

直樹君や他の自閉症の子を持つ家族の方々から、"家族の幸せとは、本当の幸せとは何であるか"を思い出させてもらった事に感謝いたします。

本当に有難うございましたm(__)m

これからもステキな本を書いて下さい、応援していますv(^_^)v

勇気をもらいました。

はじめまして。
偶然先日のテレビを見ました。

私は、自閉症や障がいをもったこども達のデイサービスで働いています。
いつも感じていることは、言葉がしゃべれず、コミュニケーションがとりずらいこども達とどのようにしたら話すことができるか、コミュニケーションがとれるか。また、どんな風に接したら、少しでも生きやすくなるかということです。

東田さんの、言葉を聞いて、私の知っている子ども達もこんなにも感じて・話していることがあるんだろうと思い、本当に感動して、涙があふれてきました。

言葉はなくても、感じていること・伝えたいことがある。少しでも感じ取って、こども達の役に立ちたいと改めて思いました。

ありがとうございました^^

これからも、いろいろなことを伝えていってください!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

偶然東田さんの放送をNHKで見ました。
面白くて途中から録画してるのですが、録画したものを何回見てもとても興味深く自閉症についてもっと知りたくなりました。再放送が決定したということでもう一回最初から録画しようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

この間の放送を観ました!私の息子も あ才で自閉症と診断されました4、5才の時に診断が、変わりADHDと診断されました。今は小学2年生になり、毎日たのしそうに過ごしております。しかし、他の子とは違うため将来が不安になり、妻も長年の精神的な疲れから体を壊してしまいました。先日の放送を観て少し元気や勇気をもらいました!本当にありがとうございました!是非、お会いしてみたいと思いました!これからも東田さんのご活躍を楽しみにしています!

自閉症じゃなくても

番組を観て、涙が止まれませんでした…。

そこには、僕がずっと言葉にできなかった僕の気持ちそのものが言葉にされていたからです。

僕は自閉症じゃありませんが、あなたと同じような感覚がいつもあって、普通に生きることが、大変でした。

どうしたら普通に生きることが、できるかずっと悩んでいました。

僕からすると、普通の人なんて誰もいないように、思うのですが、気がつかない人が多いと感じます…。

これからも心の言葉をみんなに教えて下さい!

僕も自分の心の言葉を、精一杯綴って行きます!

素敵な言葉を本当にありがとうございます!

次男が跳ねるわけ

自閉症の子育てに正直、悩み、毎日笑顔でいることを忘れてました。番組を観てから理解できないような自閉症次男の行動も、なんでだろう?って内側を、もっと知りたい、と思えるようになりました。そして、コメントを読んで胸に響きました。私がしっかり彼の心を感じたい。大丈夫だよ。あなたがいることで家族の絆は深まってる。その事をちゃんと次男に生活の中で安心できるように伝えていきたい、そう、思いました。

HAPPY

直樹さん初めまして。たまたまTVの番組欄を見ていたら目に留まった番組名がありました。
‘君が僕の息子について教えてくれたこと’
それが今回の番組と出会うキッカケでした。
内容を見ると「自閉症」についてとの事でさっそく録画予約しました。

私の身内には7歳になる自閉症の男の子がいます。まだ自閉症と分かる前からなぜだかその子とはうまくコミニュケーションがとれず、「今はまだ小さいからもう少し大きくなったら変わってくるのかな?」と思っていました。

しかしその原因は自閉症と言うものでした。7歳になった今でもうまく会話ができずどうしたらいいのか難しく思ったこともあります。しかし今回こちらの番組を通してなんだか気持ちが変わりました。
直樹さんとその子はもちろん違うし「分かった」と言うと大げさかもしれないけれど、少しだけ分かった気がしました。
もっと今まで以上に自然に接しようと思いました。
その子の個性としてこれからも優しく見守っていきたいと思います。そして周りの自閉症の方達への理解をこれらかもしていきたいです。

そして「子どもが望んでいるのは親の笑顔だからです」「僕のために誰も犠牲になっていないと子ども時代の僕に思わせてくれたのが僕の家族のすごいところでです」の言葉が印象的でした。涙が止まりませんでした。
とっても素敵な家族に囲まれて直樹さんは幸せですね。

今回拝見できて良かったです。てとても心打たれるものがありました。
早速直樹さんの本が読んでみたくなりました。ネット通販しようとした所在庫なしでしたので只今入荷待ちです。
直樹さんこれからも多くの人に勇気を与えてください。
そして大作家になれるようがんばってくださいね。
応援しています。
人生一度きり。楽しみましょう。
感謝。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先日のテレビ放送、ガガガーンと心をなぐられる思いでした。
小学校で勤務(事務系)しており、特別支援クラスがあります。
どのように接したらいいのかと思い、今まで「やさしく温かい目で」をモットーにしていました。できなくてもしかたない(上から目線?)、かわいそう(同情?)そんな感情がなかったとは言い切れません。

とんでもないですね。
そんな私の脳の方がよっぽど障害をもっていましたね。
気づかせてくれて本当にありがとう。東田さん。

ありがとうございます(^-^)

NHKの国際放送で初 東田さんと、お顔を拝顔出来て感激でした(((o(*゚▽゚*)o))) 長時間のフライトや、入国審査等 大変だったと思いますが、今度は、ご本の発売時にぜひ英国にも来てくださいね。ここからアイルランドには船や、飛行機で すぐですからね。(^_−)−☆ 英国の自閉症教育は遅れていますが、レゴランドや、一部の遊園地では、自閉症の方の症状に応じて、お医者の手紙があれば、ほぼ並ばずに アトラクションに載せてくれたりします。うちは、息子に並ぶ事を理解してもらうために、お菓子でつりながら、普通に並ばせていますが (^_^;) ミッチェルさんと東田さんの共著のご本を首を永くして楽しみに待っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR