fc2ブログ
自閉症の子どもは、普通の子供に比べて、幼い頃は

親のこともわからないのではないかということを、

時々聞きます。

僕も、親のことを認識したのは、普通の子供より、

遅かったのではないでしょうか。

そのために、親子関係がなかなか構築できないと

考える方もいるかもしれませんが、僕は

そうは思いません。

親という意味がわからなくても、それまで自分に

どれだけ愛情を注いでくれたかは、体に沁みこんでいるもの

だと感じるからです。

僕にとっては、母は便利な人だったのかもしれませんが、

心が育つにつれて、どれだけ僕のために尽くしてくれているのか

わかるようになりました。

愛情を注いでもらっているから、心は育つのです。

心が育ってから愛情を注ぐ、または、何もわからないから、

愛情を受け取ってもらえないというのは、少し違うような気がします。


2014.02.23 Sun l 自閉症 l コメント (20) l top

コメント

ありがとうございます。
このテーマを書いて下さってありがとうございます。

私は、子供の障害受容に関して、あまり気になりませんでした。けれども、精神科医に「お子さんは、お母さんのことも理解できていないですよ。」と、言われたことがとても悲しくて、子供を寝かしつけた後、こっそり泣いたりしたものです。医師は、それが例え事実だとしても、そんなことを言ってはいけなかったのです。

同様に、「(自閉傾向と診断されて)残念でしたね。」、「発達障害児の保護者よりも、犯罪者の子供を持つ保護者の方が辛いのですから、頑張りましょう。」と、心理士や、保健師と言う、支援者と呼ばれる立場にいる人々に、言われたことは忘れられません。

悪気がないのはわかりますが、医師も含めて、支援者と呼ばれる方々、あなた達の言葉ひとつで、コミュニケーションを苦手とする子供達が、幸せにも不幸にもなりうることを忘れないでほしいです。家族は繊細です。そして、ただ、楽しく我が子を育てることに集中したいのです。

直樹さん、息子の気持ちを代弁して下さってありがとうございます。数ヶ月前の私は救われました。
2014.02.23 Sun l あきこ. URL l 編集
先程、「息子の気持ちを代弁」とコメントしましたが、本当は、息子ではなくて、私の気持ちを代弁して下さっていたのでした。まさに、神の声です。ありがとうございました。
2014.02.23 Sun l あきこ. URL l 編集
まだ見ぬ真実
「親と言う意味がわからなくても、それまで自分に愛情を注いでくれたかは体に沁みこんでいるもの」ぼくも、そう思います。人は、言葉だけで、会話するのではなく、五感を使って、人の心を理解すると聞いたことがあります。
だから、「愛情を注いでもらっているから、心は育つのです」その通りだと思うし、逆も真なりとも思います。

カウンセリングの時、今わかっている、医学の事実を聞くとき、心臓がキューンといたくなります。でも、涙をこらえて聞いています。
ぼくは、「自分の可能性は、自分にしかわからないJ」と言う、直樹くんの言葉を信じています。なので、自分に、今出来る精一杯のことをするだけです。

でも、いつか近い将来に、本当のことがわかって、医学の事実が書き換えられるような気がします。これは、真実だと思っています。

Autism spectrum、ぼくも、直樹くんも、同じ仲間です。行政では、等級をつけられてしまいますが。
2014.02.24 Mon l たけし. URL l 編集
たけしさん、ありがとうございます。
直樹さん、たけしさんの言葉に救われました。ありがとうございます。

2014.02.24 Mon l あきこ. URL l 編集
Re: ありがとうございます。
あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

僕自身は、誰も悪いわけではないと思っています。

自閉症は原因もわからないわけですから、本当のことを

みんな知らないだけなのです。
2014.02.24 Mon l 東田直樹. URL l 編集
Re: タイトルなし
あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

なぜ、僕の言葉を神の声だと思われるのか不思議ですが、

お役に立てたのなら、良かったです。
2014.02.24 Mon l 東田直樹. URL l 編集
Re: まだ見ぬ真実
たけしさんへ

コメント、ありがとうございます。

五感を使って、人の心を理解するというのは、

わかりやすいですね。

親だとわからなくても、自分にとって一番必要な人が

親だと感じる子供時代を過ごせた人は、幸せでは

ないでしょうか。
2014.02.24 Mon l 東田直樹. URL l 編集
Re: たけしさん、ありがとうございます。
あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

良かったです。
2014.02.24 Mon l 東田直樹. URL l 編集
ココロにすーっと入っていきました
私も、上の子が小さい時、母親として必要とされてないと感じるときが多く、こっそり泣いていました。でも今中学生になり、少しずつ通じ合うことを感じ親子であることを日々感じることが出来、毎日幸せです。小さい時は甘える事がほとんどなく、距離を感じていましたが今はいろんな事で甘える息子を見て今が甘える時なんだと嬉しく受け止めています。周りの親子と少し違うだけでこれが私たちの関わり方ペースなんだと、あるときから思えるようになり方の力が抜けました。親子の形、関わり方はみんな違っていいんだと思います。親は一番の理解者でただまっすぐに愛していけばいいと思います。
2014.02.24 Mon l ちびままやえ. URL l 編集
神の声
直樹さん、コメントありがとうございます。

言葉に依存する私達は、他人から言われた言葉に惑わされて、本質が見えなくなってしまう弱い生き物です。

そして、これ以上にない悲しみは、愛する子が自分を必要としていないと感じた瞬間です。

それは、子供自身が何か変わる訳ではありません。第三者の言葉によって、親が自分を信じることが出来なくなる瞬間です。

直樹さんが、神の声を持っていると感じるのは、全てを受け入れて、迷ってしまった瞬間にいる私達を導いて下さるからです。

私は、息子が幼いうちに直樹さんやたけしさんに出会えたことは、とても恵まれていると感じます。



2014.02.25 Tue l あきこ. URL l 編集
ちびままやえさんへ
同じ母親の体験談をありがとうございます。心強いです。
2014.02.25 Tue l あきこ. URL l 編集
神の声 捕捉
捕捉させて下さい。

愛する子が、成長と共に親を必要としなくなる、つまり自立していくことは、喜ばしいことです。

言葉足らずでごめんなさい。

ちなみに、近況報告ですが、息子は、お父さん、お母さんと区別して言えるようになってきました。昨日はひとりで洋服がすべて脱げました。すごい勢いで成長しています。
2014.02.25 Tue l あきこ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.25 Tue l . l 編集
Re: ココロにすーっと入っていきました
ちびままやえさんへ

コメント、ありがとうございます。

共感してくださって、嬉しいです。

愛情とは、与えるものではなく、あふれ出るものではないのでしょうか。

ちびままやえさんの思うように、子育てしてください。
2014.02.26 Wed l 東田直樹. URL l 編集
Re: 神の声
あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

人は弱い生き物だからこそ、愛情が必要なのかもしれませんね。
2014.02.26 Wed l 東田直樹. URL l 編集
Re: ちびままやえさんへ
あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

良かったですね。
2014.02.26 Wed l 東田直樹. URL l 編集
Re: 神の声 捕捉
あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

これからも、息子さんの成長を応援しています。
2014.02.26 Wed l 東田直樹. URL l 編集
Re: No title
鍵つきコメントをくださった方へ

コメント、ありがとうございます。

その節は、大変お世話になりました。

僕の家庭は、普通だと思っていますが、そんな風におっしゃっていただいて、

嬉しいです。

また、お会いできる日を楽しみにしています。
2014.02.26 Wed l 東田直樹. URL l 編集
私は、信じています‼︎
娘には、届いていると、信じています。
娘は、沢山笑い、言葉も増えてきました(*^_^*)

親は、自分を責めなくていい!そう感じました。
2014.03.04 Tue l まなみんまま. URL l 編集
Re: 私は、信じています‼︎
まなみんままさんへ

コメント、ありがとうございます。

僕も、そう思います。
2014.03.04 Tue l 東田直樹. URL l 編集

コメントの投稿