行動の理由

僕は、自分の行動について説明していますが、それがすべての

自閉症者に当てはまるわけではありません。

理由がわかれば、共感しやすくなるとは思いますが、その人の心の中は、

その人にしかわからないという事実は変わりません。

けれども、それは自閉症者だからではなく、普通の人であっても

同じことです。

たとえ、言葉をつくしても、理解し合うのは難しいことを、

誰もが知っています。

また、理由がわかったとしても、どうしようもないことの方が、

現実には多いものです。

自閉症者の対応というものを僕の家庭ではしてこなかったので、

それが、どんなふうに素晴らしいものか、僕は知りません。

各家庭で、一番いいと思う育て方をすれば、

いいのではないでしょうか。

大人になった時に、幸せだと胸を張って言える人が増えることを

祈っています。


コメントの投稿

Secret

No title

直樹君は雪かきしましたか?

私はしました

私は、耳をふさいだり、部屋を行ったり来たりしてしまいます。

何でか分りません

私は、イヤマフを使っています。

音に敏感なので。

直樹さんの真意が、はっきりとはわかりませんが、私が思うのは、直樹さんは、自閉症である前に直樹さんです。直樹さんだから素晴らしく、話を聞いてみたくなると思うのです。

親になると、子どもだったころの気持ちを忘れていきます。育児書や、専門書で勉強してもよくわかりません。専門家も大人なので、やっぱり、子どもだったころの気持ちを忘れています。

勿論、それは直樹さんの考えや経験談に過ぎず、皆と当てはまるものではありませんね。

だけど、直樹さんの言葉で表現されるところが良いのです。直樹さんにしかできない光を照らしています。それは、直樹さんにしかできないことですよ。







No title

いつも東田さんのご活躍嬉しく思っています。

今日の記事のお考えがまた素晴らしく感動しています。

我が家も我が家なりの空気感を大切に我が子との時間を大切にしていきたいと改めて感じました。

それは大人になってからもずっとです!

ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

あかねちゃんへ

コメント、ありがとうございます。

音は大丈夫です。

雪かきは、少ししました。

今年は雪が多く、大変な思いをしている方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

そんな風におっしゃっていただき光栄です。

昔は、大人もみんな子供だったのに、子供の気持ちがわからない

というのは、本当に不思議ですね。

Re: No title

こまり@さんへ

コメント、ありがとうございます。

共感してくださって、嬉しいです。

僕は、障害があってもなくても、幸せな大人になるのが

目標だと信じています。

これからも、よろしくお願いします。

Re: はじめまして

鍵つきコメントをくださった方へ

コメント、ありがとうございます。

これまでも、福岡県では、いくつかの大学で登壇させていただきました。

3月29日(土)福岡県筑後市のサンコアで登壇します。

詳細は、東田直樹オフィシャルサイトhttp://naoki-higashida.jp/

の講演会情報に掲載しています。

宜しければ、ぜひご参加ください。

これからもどうぞよろしくお願いします。

私の中では、直樹さんは、息子の年の離れたお兄さんのような、頼りになる存在です。

作家さんにこんな表現をしたら、失礼かもしれません。

大人の気持ち

コメントに、
「昔は、大人もみんな子供だったのに、子供の気持ちがわからないと言うのは、本当に不思議ですね。」を読んで。

そのことばで気がついたのですが、ぼくは大人の気持ちが分かりにくいです。

子供のことばは、ストレートで、行動を見ていても、何をしたいのかがよくわかります。

大人は、複雑でやっぱりわからないことの方が多いです。

たけしさんへ

私も、直樹さんに指摘された、不思議を改めて考えていたところでした。

私も、日本人の大人の気持ちは分かりにくいです。なんとなくわかったふりをしてやり過ごしている気がします。

だけど、そんな私も、多くの大人のように、子どもの気持ちも、少しずつどこかに落としてしまったようです。知らないうちに。

多分、子どもの気持ちも、わかったふりをしてしまう気がします。

たけしさんは、まだ手のひらに残っているのでしょうね。良いですね。

Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

こちらこそ、よろしくお願いします。

Re: 大人の気持ち

たけしさんへ

コメント、ありがとうございます。

そうかもしれませんね。

でも、大人にも、いろいろな人がいます。

Re: たけしさんへ

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

子供は、みんな大人になります。

それは、自分の意思とは関係ありません。

けれども、どんな大人になるのかは、それぞれで

いいのではないでしょうか。

No title

その通りですね。

20歳を過ぎれば、法律上は、皆、大人に分類されますが、
大人の定義はそれぞれの心の中にあります。

直樹さんのドキュメンタリー

表題の件ですが、福祉ネットワークに、直樹さんが中学生の時のドキュメンタリーがあるのですね。視聴します。楽しみです。

直樹さんのドキュメンタリーは、他にはありますか?講演会の映像はありますか?是非、視聴したいです。

Re: No title

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

みんなそれぞれで、いいですよね。

Re: 直樹さんのドキュメンタリー

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

昔は、いろいろな番組に出ていましたが、インターネット上では

視聴することはできないのではないでしょうか。

大人の定義

ぼくの頭の中では、大人も子供も、外人とか、
障害者とか、男とか女とか、身内とか他人とか、
そんな区分けが、できません。

みんな、人間ひとくくりでしか考えられません。
どこが違うのか、ぼくには、わからないのです。

敢えて、大人の定義は何?ときかれたら、
六法全書を見て答えないと答えられないです。

でも、誤解しないで欲しいのですが、
発達障害者がみんな、ぼくと同じではないです。

今のところ、ぼくのように区分けをしない人は、
去年、発達障害当事者の会で会った37才の女性
ひとりでした。

もし、何処かに、まだ、いるのなら、
会ってみたいです。会えるかな?


Re: 大人の定義

たけしさんへ

コメント、ありがとうございます。

世界は広いので、きっと同じような人がいると

思います。

直樹さんのドキュメンタリー

そうなのですか。残念ですね。

大人の定義

直樹さん、たけしさんへ

直樹さんのおっしゃる通りだと思います。

たけしさんのお考えに賛同される方、きっとたくさんいますよ。

個人的には賛同はしませんが、興味深い考え方だなと思いました。

定型発達の場合は、生まれてすぐに母親を本能で認識するそうです。最初の一歩から、少しずつ違っているのかもしれませんね。

ぼくも賛同しません

少し捕捉させて下さい。
ぼくの人間ひとくくりの認識の仕方は、感情の未成熟な状態なのだと思っています。マザー・テレサの愛でも、博愛主義的な考え方ではないです。
勿論、直樹くんの愛に溢れる感情とは、別物だと思っています。

あきこさんの「定型発達の場合は、生まれてすぐに母親を本能的に認識するそうです」のことばで、そのことが、やっと理解できました。

続いての言葉「最初の一歩から、少しずつ違っているのかも」
だから、最初の一歩の時期から、溢れるほどの愛情が必要なのかもしれませんね。
それがなければ、軽度でも、今のぼくのような状態だし。重度でも愛に溢れる感情を獲得できる。

ぼくは今自分のことがわかって5年なので、5才児のようなもの、20年後までには、生きてれば、直樹くんのように愛を獲得できるかも。
どうやればいいのか方法はよくわからないけれど、可能性は0%ではないはず。希望だけは、捨てられません。

今まで、誰も、出来るとは、言ってくれません。ぼくが100%信頼している先生も、「Yes, you can.」とは言ってくれません。医学的には、無理なのかも…






Re: 直樹さんのドキュメンタリー

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

また、いつかテレビに出る機会があるかもしれませんので、

その時には、ぜひご覧ください。

Re: 大人の定義

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

最初から認識できなくても、母親だと認識できたときに、

どれくらい人間関係ができているかが、大事だと思います。

Re: ぼくも賛同しません

たけしさんへ

コメント、ありがとうございます。

自分の可能性は、自分にしかわからないものだと思います。

直樹さん、本当にありがとうございます。私もそう信じています。

「愛情」のコラムもすばらしいです。コメント書かせてもらいました。

たけしさんへ

捕捉ありがとうございます。

失礼ながら、たけしさんは博愛主義者なのだろうと理解していました。非常に興味深いご意見ありがとうございます。

たけしさんのご指摘された点は、まさに障害児育児の最大のテーマだと言われています。

そして一般的には、重度の方に比べると、軽度の方は周囲に理解されず、親も受容しにくいなど、居心地の良くない環境に置かれてしまうことが多いと聞きました。一般論ですので、違っていたらごめんなさい。

直樹さんはファンを大切にして下さっているので、身近に感じやすいですが、やはり特別な人だと思っています。直樹さんへの愛情は、やはり直樹さんの特権の気がしてなりません。

けれども、たけしさんの中にも、ご自身が気づいておられないだけで、存在していると、たけしさんのコメントを読ませていただいて感じています。







追記です。

自閉症に重度、軽度などで区分するのは、日本の療育手帳の制度上だけであり、他の国々では、自閉症に区分がないようです。

例えば、息子はボーダーだそうですが、やっぱり定型発達には見られない独自な成長をしている様子です。だけれども、可愛い我が子には変わりありません。

Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

共感してくださって、嬉しいです。

Re: たけしさんへ

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

その人の悩みには、軽い、重いという区別はないのでしょうね。

Re: 追記です。

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

自閉症には、さまざまなタイプの人がいるみたいですね。

直樹さん、その通りですね。

等級は、行政上の区分に過ぎす、みんなそれぞれに、悩みや困ったことがあることを、私達は忘れてはいけませんね。

Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

そうですね。


プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR