アルバム絵本

僕は小さい頃、まるで絵本に興味がありませんでした。

母が読み聞かせをしてくれても、すぐに逃げ回り、母を困らせていました。

絵本というものは、言葉のわからなかった僕にとって、みんなのおしゃべり

と一緒で、騒がしいだけのものでした。

単純そうに見えても、絵本は意外と想像力を必要とします。

どんな絵本を読んでも、僕が関心を示さなかったので、母はとても

悩んだそうです。

そんな僕が、写真ならよく見ていることに気づき、母は家族写真をつかって、

アルバム絵本を手作りしてくれました。

写真の横に、短い文章を書いたものです。

僕は、これで絵本の意味を知りました。

そこから、お気に入りの絵本が、少しずつ増えていきました。

コメントの投稿

Secret

お母様の愛ですね。
息子は一歳半くらいまで噛んだり壊してしまうし、取り上げると大泣きでほとほと困っていたことを思いだしました。私はアルバム絵本は思い付かなくて、いくらでも壊して良いように、中古の絵本を大量に購入して様子をみました。いくつか壊したら満足したのか、そこからは絵本に興味をもってくれています。

ところで、嬉しいお話があったのでコメントします。友達が直樹さんの風になるのブックレビューを投稿したようです。息子のことは全く話をしたことがないので、偶然、直樹さんの本に出逢って感銘をうけたとのことです。嬉しい!


No title

直樹さん、おはようございます。久しぶりにコメントします(^^)
家族写真を使ってのアルバム絵本というのは、すごくいい案だと思っていました。
私も図鑑シリーズの中の1冊、街のお店を紹介している巻で、その中にあった、「百貨店で赤いワンピースを選んでいる女の子とお母さん」のページばっかり見ていました。
その時はとにかく「赤いワンピース」にこだわっていたので(^^ゞ
あとは、レコード絵本です。レコードから流れてくる同じフレーズを何度も楽しんでいました。
そんな過程を辿りながら、少しずつ絵本にも興味が出てきたようです。

Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

ブックレビューを書いてくださって、嬉しいです。

絵本に関心を示すきっかけは、人によって違うと思いますが、

あきらめないことが、一番重要だと思います。

なぜなら、絵本を読む楽しさを知れば、人生がより豊かに

なるからです。

Re: No title

ななみさんへ

コメント、ありがとうございます。

自分の好きな物を見ている時間は、心地いいものですよね。

普通の人は、図書館にあるような絵本を読むこと、そして

だんだん難しい本を読むことを期待しますが、本当に大事なのは

時間を忘れるくらい惹きつけられる本があるということです。

思い出したこと

20年前、子供が幼稚園児のころ、

自分で書いたばかばかしい話に、線で書いたマンガの絵、

そんな話に、子供たちは、もっと続きが見たいと、

そう言われて、ノート一冊書いたことを思い出しました。

どこにも売ってない手作りなところがよかったのかも。

アルバム絵本と同じですね。

Re: 思い出したこと

たけしさんへ

コメント、ありがとうございます。

お子さんは、世界でひとつしかないお話しに、きっと

わくわくされたのではないでしょうか。

すてきですね

お母様の発想のやわらかさを感じます。
うちの息子は、普通のストーリーのビデオは観ませんが、自分が映っているビデオは観ます。同じ感じでしょうか?(^_^;)

Re: すてきですね

リリーさんへ

コメント、ありがとうございます。

自分が映っているというより、その場面が好きなのでは

ないでしょうか。

それは、自分が体験し、記憶の中にあるものなので、

よく知っているストーリーだからです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR