洗濯物

外の洗濯物を、夕方家の中に入れるのは、僕の仕事です。

先日、僕が洗濯物を入れようとすると、小雨が降って

いました。

本当なら、すぐに洗濯物を取り込まなければいけなかった

のですが、僕はそのままにしてしまいました。

夜になって、雨がひどくなりました。

僕が雨戸を閉めようとすると、外にある洗濯物が

目につきました。

それでも、僕は洗濯物を家の中に入れることが

できませんでした。

その時に思ったのは、洗濯物がどうして外にあるのだろうと

いうことだけです。

雨なのに、洗濯物が外にあるのがおかしいと考えたわけでも

ありません。

さっきから、ザーザー聞こえていた音が、ようやく雨の音だと

いうことに、僕は気づきました。

それでも、洗濯物がぬれるから入れなければとは考えませんでした。

雨を見て「雨、雨」と大声で言っていると、母が何か察したらしく、

「まさか、洗濯物入れてないんじゃ」と言って、とんできました。

「雨が降っていたら、すぐに入れないといけないんだよ」

と注意された僕は(そんなこと知っている)と思いました。

そして、びしょびしょにぬれた洗濯物を母が取り込んでいるのを見ながら、

どうして、そのままにしたのだろうと、初めて考えました。

一番の原因は、洗濯物を入れる時に、雨が降っていたからです。

僕がひとりで取り込む時に、雨が降っていることはありません。

雨が降りだしたら、母が先に気づいて、急いで洗濯物を家の中に

入れるか、「雨が降ってきたから、洗濯物を入れて」と、母が僕に指示

してくれるか、だからです。

今日は僕が「洗濯」と言って2階に上がって行ったので、いつも通り

取り込んだと、母は思い込んだのでしょう。

雨を見たとたんに「外に出てはいけない」スイッチが、僕の頭に

入ったのだと思います。

雨の日にベランダに出てはいけないというルールが、僕の中に

でき上がっていたのではないでしょうか。

すると、そちらの方が優先されて、後のことは、全てなかったことの

ように、頭の中で処理されてしまうのです。

だから、雨にぬれた洗濯物を見ても、テレビを見ているような感じに

なってしまったのでしょう。

自分で判断して行動するのは、こういう大変さがあるのです。


コメントの投稿

Secret

直樹さんからの このような説明の類のお話を聞くにつけ、
ああなるほどな、とか

ああそうだったのか、とか

とにかくアタマとココロをう―んとやわらかくしておく必要を思わないではいられません。クニャリクニャリクニャリクニャリ・・・


本当に上手に教えてくれる直樹さんだなぁ(*^_^*)


なるほど…

分かりやすい説明で

あぁ、なるほど…

って思いました。

東田さんのように文字に表す、ということが出来ない人も、きっと似たような感覚なんだろうなぁ、なんて考えたり(´-`).oO

(人によって違うとは思うけど…)


こういうことは、
今回と同じような事態が何回も繰り返されることで、少しずつ慣れていくものなのですか?


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

できない行動

ぼくにも、いくつか、できない行動があります。

今日の直樹くんの話を読んで、ぼくのできない行動は、

ぼくの頭の中にある優先ルールが邪魔をして、

動けなくなるのかもしれない。と思いました。

幾つかの優先ルールを変えることができたら、

できるかも。試してみます!

まず、固定観念になっている優先ルール、

その洗い出しから始めます。

Re: タイトルなし

たかのさんへ

コメント、ありがとうございます。

僕は自分自身のことだから、わかるのです。

言葉で説明できて、本当に良かったです。

No title

直樹君へ

ごめんなさい。

パナソニックセンターに行くはずだったけど、キャンプが入っちゃって行かれなくなっちゃった。

又の機会にお話聞かせてください。

Re: なるほど…

まみさんへ

コメント、ありがとうございます。

一つのことがらに対しては、何度も何度も練習すれば、

いくつかのパターンとして、できるようになります。

けれども、問題は、すべてのことに対してそうだと

いうことです。

Re: 生きる

鍵つきコメントをくださった方へ

コメント、ありがとうございます。

いろいろとご意見をいただき、光栄です。

僕もまだまだ未熟者です。

Re: できない行動

たけしさんへ

コメント、ありがとうございます。

自分なりにいろいろ工夫されることは、

大事だと思います。

僕も頑張ります。

Re: No title

あかねちゃんへ

コメント、ありがとうございます。

わざわざすみません。

また、いつか来てください。

直樹さん、直樹さんのお母さま、お疲れさまでした。直樹さんの体験談はとても勉強になります。

今後の息子への言葉かけのために教えていただきたいのですが、今回の件を踏まえて、もし次に同様の状況下に置かれたときは、直樹さんはどのような行動にでると思われますか?

雨のときはベランダに出ては行けない気持ち、もしくは、雨が降ってはいるけれども洗濯物を取り込まなければいけない気持ち、どちらを優先させるであろうと思われますか?





Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

一度注意されたからといって、すぐに僕が対応できるように

なることは無理です。

母は、同じ状況になった時に、僕をベランダに連れて行って、

「洗濯物を入れて」と言わずに「ほらほら」などと言いながら、

僕が自主的に洗濯物を入れるのを待つことから始めるのでは

ないかと思います。

なるほど。
自閉症、奥深いです。

直樹さんの素晴らしい洞察力もさることながら、お母様の愛の深さを感じますね。

Re: タイトルなし

あきこさんへ

コメント、ありがとうございます。

いろいろ失敗して、この方法にたどり着きました。

なにかをしようとして。

久々に、東田さんのブログに来ました。

私も、過去に
どんな事柄だったのかは覚えてませんが、
行動しようと考えていたけど、そこから先は、どう行動したら適切なのかわかりませんでした。

頭のなかは行動できるけど、実際に体は動かないことが有ります。

後々、叱られてしまったりして、大変だった記憶があります。

Re: なにかをしようとして。

じぜるさんへ

コメント、ありがとうございます。

行動のコントロールがうまくいかないと大変ですよね。

よくわかります。

東田さんは凄いですね~。
ちゃんと干したことも雨が降っていることも認識されているんですから。
私などは干したことすら忘れ、次の日に取り込むことがしょっちゅうです(^-^;

一連の作業として忘れずに出来るようになりたいです…。

子供たちも、例えば牛乳パックを持ち損ね、床にパックごと溢してしまった時など、驚きもあるのかどんどん広がっていく牛乳をずーっと見ています。

声をかけるまで大抵固まってしまいます。

大抵私は大きな声で怒ってしまうんです。
人の失敗に寛容な人間になりたいです。

次にこぼした時は、東田さんの洗濯物の話を思い出して自分の心を落ち着かせたいです。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

ペグさんへ

コメント、ありがとうございます。

僕も一連の作業として忘れてしまうから、何時に洗濯物を入れるなど、

自分で決めています。

だから、雨の日も必ず、一度ベランダを見ます。

僕もこぼれたものは、じっと見てしまいます。

自分が液体になったような気がするからです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR