一日の終わり

時計を見て、一日の終わりがわかります。

今日という日は、僕の人生にとって、

大事な日だったのでしょうか。

明日のために今日があるのか、

昨日のお陰で今日があるのか、

そんなことを、ふと考えます。

コメントの投稿

Secret

深遠な思い

長谷川等伯の水墨画「松林図屏風」の複製を見てきました。
複製といっても美術館の依頼でとても精巧に作られたもので、ほぼオリジナルと変わらないそうです。
自分の画業を引き継いでくれると期待していた息子が26歳で亡くなった後の、50代の等伯が描いたもので、日本の水墨画の最高傑作と言われ国宝になっています。
当時の画家は自分を表現するためでなく、秀吉や大きなお寺の住職など、有力者の依頼で絵を描くものでありましたが、図らずも、自分の心の内を絵にしてしまったような、とても深遠な、見る者を更に深遠な思いに引きこむような水墨画です。時間を忘れて見入ってしまいました。
機会があったら、見てください。直樹さんならどのような思いを抱かれるのか、また文章で見せていただけたらありがたいです。私たちに見せてもいいものだけね。大事なことは大切にとっていてください。
いつも素敵な言葉をありがとう。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR