fc2ブログ
自分の肘が、どこについているのか、

昔は、まるでわかりませんでした。

肘が自分の視界に見えていなかったからでしょう。

見えないから、無いわけではありません。

その事実は、僕にとって衝撃的でした。

自分の体という一番身近なものでさえ、

気づかないことがあるのを知ったからです。

見ることは、五感のひとつでしかないのです。

2017.09.02 Sat l エッセイ l コメント (2) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.02 Sat l . l 編集
No title
見えること、のすばらしさ。見えるところしか見ていない自分。でも、見えるところですら、ちゃんと見れていない今の自分を反省します。
見えないところも計り知れないのですね。
2017.09.03 Sun l 栄子. URL l 編集

コメントの投稿