緊張

行事になると、緊張するという人がいますが、

僕はあまり緊張することはないです。

だからといって、練習通りに

やれるわけでもありません。

それは、練習と本番では、雰囲気も

観客として見に来ている人の数も違うために、

僕から見る景色が、練習と同じとは

とても思えず、いつも通りにやってと言われても、

何をやればいいのか脳が混乱するからです。

緊張というのは、他人を意識することで、

体が反応してしまうことではないでしょうか。

僕は、どういった状態が緊張なのか、

意味としてはわかっていますが、体感としては

今ひとつわかっていないように思います。

コメントの投稿

Secret

No title

本当ですね…
一か月前、私にとっては大きな行事がありました。自分でも驚くくらい楽しい気持ちでできたのですが、他の人から「緊張していましたね~」と言われ、驚きました。自分の気持ちと見える感じが違う。私にはそういうことが多いような気がします。でも、くよくよしないようにしています(笑)今日もありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR