見えない

みんなと同じ景色を見ていても、

見ている所が違うせいか、

僕はみんなが話している内容が、

目に映っている景色の中のどこにあるのか

わからないことがあります。

顔を動かしてもらっても、

眼球まで動かしてもらうことは出来ません。

右とか左とか、そことか、あそことか、

いろいろな言葉で教えてもらいますが、

僕には、わからないことの方が多いです。

そんな時は寂しいと言えば、寂しいですが、

それほど気にしているわけではありません。

自閉症の僕にしか

見えていない世界もあることを知り、

見たくても見えない世界があるのは、

普通の人も同じような気がします。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR