心に残る傷

ずっと心に残る傷というのは、

言葉で表すことができません。

感情は悲し過ぎると心の全てを支配し、

生きる意欲を奪います。

そうかといって、

記憶を操作することも出来ないのです。

心が癒えるには時間がかかります。

傷ついた人と周りの人では、

流れる時間の速さが違います。

そして、時間が過ぎることだけでは

解決出来ません。

コメントの投稿

Secret

No title

確かに傷ついた人は流れる時間がほかの人とは違う気がします

私は傷ついたときにはなるべくそのことに気付かないふりをして、時間が経つのを辛抱強く待ちます(本当は心の中はそのことでいっぱいなのですが)

時間が過ぎるだけでは解決できないことはたくさんありますが、その間に少しは傷が小さくなってほしいと願いながら・・・

時間薬

よく時間薬といわれます。怪我や傷が治癒するという意味だけでなく、心の傷の場合、心の成長が傷を癒すのではないでしょうか。
心が深く傷ついた時こそ、成長の時でありましょう。
大人だけでなく子供も毎日傷つきそして成長をしているのでしょう。
だから子供はいつも美しいのです。大人もそうであると思います。

直樹さんも深く傷ついたのでしょう。
今の直樹さんは以前より強く、そして美しいです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR