もっと出来ることがあったのでは

もっと出来ることがあったのでは

と考えることは、誰にでもあると思います。

けれども、自分が出来ること全てを

やったとしても後悔は残ります。

どうしてかというと、

やらなければいけないことには

限界がないからです。

どういう選択をしても、

やらなければいけないこと全てを

やることは出来ません。

人間には、限界がありますが、

物事に限りはないからです。

だから、もっと出来ることがあったのではと、

悔やまなくてもいいと思います。

一生懸命に生きれば、

それでいいのでしょう。

コメントの投稿

Secret

ありがとうございました

こんばんは。こちらのブログへは、少し前から時々伺っていました。
こちらのブログへコメントを書くのは初めてになります。
ですから東田さんとは初めましてになりますね。
わたし 浜辺の月といいます。
今夜はコメントを書きたいなと思いました。
「もっと出来ることがあったのでは」、わたしもよくそう考えます。
出来なかったことを思って後悔したりします。
でも一生懸命生きればいいのだ・・・・と思うのなら、後悔は小さく
なります。
一生懸命生きたいと思います。
東田さん、ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

もっと出来ることがあった…常に思ってしまいます。
「やらなければいけないことには
限界がないからです。」本当ですね。なんか、ホッとしました。
私も、今の状況に感謝して一生懸命生きたいと思います。
ありがとうございます!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR