配慮

特に自分が困っていなければ、

配慮はいりません。

配慮とは、他の人が受けているから、

自分にも必要なものではなく、

必要な人が受けるものです。

人にも、資源にも限りがあります。

当事者自身も、他の当事者に

配慮しなければいけない時代が

来たのではないでしょうか。

コメントの投稿

Secret

ほんとうに配慮(気配り?)できる人こそ、ほんとうに頭の良い人だと思います。無知との闘いだけど、、、
私は苦手ですが、物事、人に配慮できるようになることが一生の目標の一つです。
今日も素晴らしい投稿ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR