社会

自閉症であることを、恥ずかしいと思う必要は

ありませんが、自慢することでもありません。

配慮してもらうことは、権利かもしれませんが、

義務とはいえません。

僕自身も、他の障害者や病気の人たち全ての人に

対して配慮できてはいません。

どうしてなら、人にはそれぞれ事情があるからです。

誰を、どう助けるか、最終的には、

個人が判断することです。

多くの人の意見が反映されて、社会は成り立っています。

それでも、何とかいい社会を作りたいと、みんなが

願っています。

※新刊「自閉症のうた」が、5月26日に発売されます。
どうぞ、よろしくお願いします。
ここをクリックしてください。

コメントの投稿

Secret

ありがとうございます。

本当ですね。「多くの人の意見が反映されて社会は成り立っています。」自分は、どうしていくか、どう向き合っていくのか、決めていきたいです。直樹さん、ありがとうございます。「自閉症のうた」おめでとうございます。楽しみにしています!

新刊おめでとう!

新刊おめでとうございます!
直樹さんが新しいニュースを発表するとき、いつもはっとさせられる。
もうあの細い小さな少年ではないんだ、もう立派な青年なんだって。
これからもたくさんのことを書いて、私たちをはっとさせてください。
私たちも直樹さんをはっとさせられるよう、この社会で生きていきます。
おめでとう!
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR