空想

外に出ると、子供からお年寄りまで、

いろいろな人を見かけます。

僕は人の表情を、よく見ています。

その人が、どんな気持ちでいるかということはわかりませんが、

嬉しそうだとか、寂しそうだとか、怒っていそうだとかは

何となくわかります。

次に、その人が、どうしてそんな顔をしているのか、

考えてみます。

考えても、わかるはずはありませんが、僕なりの理由を

思い描くのです。

たくさんの人を見かけた時には大変です。

印象に残る人だけ選んでも、僕の頭は、人だらけに

なります。

その人が、今している表情の一場面だけでも、

場面設定やセリフを考えることに大忙しになるのではないかと

心配されるかもしれませんが、それは大丈夫です。

ひとりか、ふたりの人の表情の理由を考えれば、

あとは僕の脳が勝手に、順番にその人のお話づくりを

やってくれるからです。

僕は、ただ空想にふけっていればいいのです。

コメントの投稿

Secret

色々な場面やセリフが降ってくるのは
東田さんが作家さんだからでしょうね
それは才能ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR