支援

必要な支援をしてもらうために、

理解を広げることは大事なことだと思いますが、

それは「説明」であってはならないのです。

人は物ではありません。

その人が何に困っているかが重要であって、

困っていることを並べられても、

何になるのか僕にはよくわかりません。

あなたは、これに当てはまるから、

こういう支援が必要だと判断される支援は、

当事者のための支援ではなく、

周りの人のための支援です。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一歩踏み出す

支援をされる側から支援する側へ一歩踏み出したとき、いろいろと考えさせられます。
その両方が矛盾せず自分の中に折り合っていられるよう、日々思索思考しています。
直樹さんのエッセイもその思索思考の道しるべになっています。
いつもありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

その通りだと思います
私(ママ)が楽するためだけのもので
あってはならないですね。
この子はどう考えてるか、
東田さんの本は、息子の心を探す
ガイドブックになっています。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR