汗をかくと、僕もタオルやハンカチで

顔や体を拭くことができるようになりましたが、

それができなかった時は、

汗が体中からふき出ても、

僕はどうすることもできませんでした。

困っていたというより、

汗とは、こういうものだと思っていたのです。

拭けばいいことを教えられても、

自分で行動に移せるようになるまで、

何年もかかりました。

今では、汗が出ても、自分で拭けるので、

さっぱりするのが嬉しいです。

困った時に、どうすればいいか、

ひとつでもできるようになることは、

生きる意欲につながるのではないでしょうか。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

困った時に、どうすればいいか、
ひとつでもできるようになることは、
生きる意欲につながる
ホントにそう。ステキな言葉をありがとうございました。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR