自分らしく

方法がいくらでもあると、

人は、どれを選ぶか迷います。

方法がなければ、あきらめるか、あるいは

自分なりの方法を探そうとします。

どちらの生き方も間違ってはいませんが、

結果は違ってくるのではないでしょうか。

同じ障害だから、未来まで同じわけではありません。

どんな人にも、自分らしく生きる権利があるはずです。

コメントの投稿

Secret

ひとりひとりを

仕事で言葉に自分の思いをうまくのせられない子たちと出会います。ひとりひとりを見て、どうしたいのかを考えたいといつも思っています。
気持ちを少しでも知りたくて、海外の方も含めて発達障害のある方たちの本や話に耳を傾けてヒントにしたいです。東田さんの言葉は新しい視点をもらえるので本当に感謝しています。ありがとう。

目標=夢や希望

そうですよね!
私の子供も重度の知的障害と自閉症です。
以前、心理士さんに相談した時に、「何で目標持つんですか?今の自分に不満があるのですか?今のままでも充分だとは思わないんですか?」と言われた事があります。
私は、今の自分に不満があった訳では無いのですが、こうなりたい、という夢や希望は常にあります。それが不満と言われれば否定は出来ませんが、目標を持つ事が悪い事だとは思ってもいませんでしたので(当然のように考えていたので)衝撃を受けました!
でも、私は目標を持つ事が、夢や希望に繋がると思っています。出来なくても良いけど、努力する事は大切です。また、努力して達成出来た喜びは、何とも言えません。
私は、障害があろうが、無かろうが、子供にもそういう生き方をして欲しいと思っています。逆に、障害があると何故諦めなきゃいけないの?って思います。私は、出来るようになって欲しいんじゃ有りません、努力して欲しいんです。人よりどんなに時間がかかろうと...諦めない、強い心を持って欲しい。
でも、そのせいでか、焦ってるようにも見える。とも言われました...時には、目標を持つ事で、自分を苦しめる事もあると思います。
苦しくて、諦めそうになる事もあると思います。でも、それで悩むのも、その時どう選択するかも、自分の人生ということではないでしょうか?
焦ってもいいじゃないですかね〜笑

むずかしいですね

自分の気持ちを言葉に表すことは、慎重に言葉を選んだつもりでも相手に伝わりずらかったり、自分の思いをうまく表現できていなかったり、とむずかしいですね。それならば、あんまりしゃべらなくちゃいいのに、ぺらぺらしゃべってしまう私です。

自分らしく生きる権利をまわりのだれもが実現できるように、考えていきたいです。ありがとうございます!
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR