できなくてもいい

すぐに、できなくてもいいよと、周りの人が

言ってくれることがあります。

どうしても、できるようになりたいのは

誰なのでしょうか。

もしも、それが本人なら、

なぜ、周りの人は、そんなのんびりしたことを

言うのか、疑問を感じるかもしれません。

本人が、誰よりも

できるようになりたいと願っています。

僕のような障害であれば、ゆっくりとしか

できるようにはならないかもしれませんが、

僕自身は、すぐにでもできるようになりたいです。

すぐに、できなくてもいいのではなく、

早くできるようになるために頑張ろうと、

僕なら、そう言ってもらいたいです。

コメントの投稿

Secret

若くて、力強い文章に、
少し羨ましくも感じました。

今の直樹さんなら、
きっと、色々努力をされながら、
成し遂げていける、
そんなタイミングなのでは
ないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

肯定的な言葉で慰めてもらうことで気持ちが落ち着くこともありますが、現状に納得がいっていない時は、モヤッとした気持ちになってしまいます。そう言いつつ、私も他の人に対しては、現状を肯定するようなことを言っていますが。一番励まされるのは、心細い時に寄り添ってもらえたり、何か始める力が湧かない時に手助けしてもらえる時のように思います。現状を肯定しても、困っている人を助けることには繋がりませんね。優しい気持ちの表現であると思っていた肯定的な言葉は、自己満足の、無責任な姿勢の表れではないかと思い始めました。これから少しずつ、人の背中を押してあげるような言葉を掛けたり、何かを始めるための弾みづけに協力できるような人になりたいと思います。どうも有難うございました。

共感します

子どもを教育することに関わりつつ、私自身も発達障害があります。うまくいかないことはわかっていてもできるようになりたいと思うことはあります。体を壊すほどの無理はやめようと思うようにはなりました。同じように、周りが「この子は障害があるから、特別な支援が必要な子だから無理にできるようにさせなくても」と言われることもありますが、可能性があるなら一緒に頑張りたいと私は思うのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR