現実が怖い

現実が怖いのは、誰にもうまく気持ちを伝えられない

からではないでしょうか。

悲しんでいる時も、喜んでいる時も、自分の気持ちの全てを

伝えられる人は、いないと思います。

自分が思うようには、人は思ってくれないことを、

みんな知っています。

言わなくてもわかるとか、気持ちが通じるというのは、

心の問題です。

行動をコントロールするのは、心だと考えられているので、

自分らしく生きるため、みんな自分のことを

他の人にわかってもらおうと努力します。

だから、誰もが自分の気持ちを受け入れてほしい

と願うのでしょう。

思いを伝え切れなければ、どうなるのか。

その不安が、生きていく怖さにつながっている

のかもしれません。

NHKワールドでの放映のお知らせ
◇4月29日 What You Taught Me About My Son
(君が僕の息子について教えてくれたこと)
ここをクリックしてください。
◇4月30日 What You Taught Me About Happiness
(自閉症の君が教えてくれたこと)
ここをクリックしてください。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当ですね

どうして伝わらないんだろう…人に自分の思いをわかってほしくて、自分勝手に話してしまいます。
そして、直樹さんがおっしゃるように「自分の思うようには、思ってもらえなかった」と、なります。私は,どうしても「わかってほしい」と思ってしまいます。自分勝手ですね…でも、話すことで気がまぎれるので、客観的に考えると本当に一方的で、なおさら、勝手に話している自分は「自己中心だ」と思います。相手の気持ちも考えずに、話している自分がだめだと思います。強く、優しく、なりたいです。今日も笑顔で頑張ります。毎日本当にありがとうございます。

No title

うまく気持ちを伝えることができなかったり、意見を主張することができないと、誰かに支配されたり、自分が不利益を被ってしまうことになると思い、自分が現代社会における"敗者"になったような気持ちになることがあります。近年はコミュニケーションや自己主張が重視されるため仕方のないことだと思いますが、気持ちや考えが伝えられなかったとしても、人のためになると思って行動したことに対して、できる限りポジティブに考えるようにしたいと思っています。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR