理解と救い

自分は、間違っていないと考える人の中には、

その意見を、多くの人に伝えようと、理解を求め

活動している人がいると思います。

世の中が、少しでも変わってほしいと

願っているからでしょう。

しかし、現実には、簡単に変えることは難しいです。

なぜなら、信じられないくらい

たくさんの人が、この社会で生きているためです。

自分の知っている世界が、この世の全てではないし、

誰もが同じ価値観を持っているわけではありません。

だからこそ、みんな救いを求めるのでしょう。

理解と救いは、近いものなのかもしれません。


コメントの投稿

Secret

ありがとうございます。

今日もありがとうございます。
理解してもらえたら、いいえ、自分の話を聞いてもらうことが、私には救いです。
自分の思いを自分の価値観で、勝手に話している自分。
聞かされている相手は、どう感じているか想像すると申し訳なく思います。でも、話さずにはいられません。弱いです、自分勝手だと思います。でも、聞いてもらえて感謝です。
救われています。
そして、今日も直樹さんの気持ちをこうして伝えていただけること、私にとっては救いで本当に感謝しています。ありがとうございます。今日もいい一日になりますように!頑張ります!

他力

私も人は簡単には変わらないと思います。

自分がそうだからです。

気分が体調がいい時はできますが、そんな日ばかりとは限りません。

自分が少しづつでも変化できる時は、自分の力ではないように思います。

周りの人、物、情報、環境が自分を変えていってるのでは?

知ることを恐れず、今の自分を認め受け入れて生きたいです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR