桜が満開になりました。

とてもきれいで、僕は見とれています。

天国という場所があるなら、

きっと桜が咲き乱れる、

こんな素敵な場所に違いないと思うのです。

僕が桜になれば、咲き誇ることもせず、

蕾のまま、ひとつの花も咲かせずに、

立ちつくすだけでしょう。

自分が桜であることにも気づかず、

花びらが舞い散る中で、

じっと幸せに浸っているはずです。

そんな桜があってもいいのではないでしょうか。

そんな人がいてもいいのではないでしょうか。

コメントの投稿

Secret

直樹さんにしか書けない文章ですね。
儚くて、美しくて、力強い。
きっとこれから桜を見るたび、
この詩を思い出すと思います。

本当に、
素晴らしい作家さんだと思います。

ありがとうございます。

考えたこともありませんでした。桜は、幸せな気持ちにさせてくれて、きれいだなぁと思うだけの私でした。私の地元も日曜日に満開の予定です。直樹さんの言葉を胸に、桜のもとで、幸せに浸りたいです。毎日、更新していただきありがとうございます。直樹さんの思いを毎日、感じられることで頑張れます。心より感謝しています。今日も、いい一日になりますように!

 桜 サクラ

東田直樹さんは私たちの桜、年中咲いている花いっぱいの桜です。

No title

いろんな桜があります。
場所によっては散ってる桜、満開の桜、咲くスピードもさまざまです。 いろいろな人がいていいんだと思います。みんな同じ人間です。違うから面白いんですよねー。

桜色

桜は遠くからはみれますが、近くで見ると胸がいっぱいで苦しくなります。

四月は昔、悲しい出来事があったからかもしれません。

きれいで大好きだけど、切ない。

私が花になったらそんなちょっと頭をもたげた花になるんでしょうね

東田さんの心の中が桜と同じ優しい色に見えました^_^

ドキッとしました

この随筆を読んで、ドキッとしました。
ついつい、他人と比べてしまう自分を、指摘されたような気がしたのです。
特に、子育て中は、そんなことがよくありました。
「比べて無いよ~」と言いつつ、比べてしまっていた私。
今頃になって反省しています。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR