世界自閉症啓発デー

毎年4月2日は国連が定める

「世界自閉症啓発デー」です。

自閉症という障害について、少しだけ

気にかけていただけたら有難いです。

僕は、この日に、「命のバトン」というエッセイを

掲載したいと思います。
----------------------------------------

「命のバトン」という言葉があるが、

これは命をつないで生きることを意味しているのだろうか。
 
僕は、命というものは大切だからこそ、

つなぐものではなく、完結するものだと考えている。

人が死んで思いが残る。そう考えるのは、

生きている人である。

死んだ人が死んだ後、何を思っているのか

本当のところはわからない。

死んでからの自分がどうなるのか、何を考えているかは、

死んでみないと誰にもわからないのだ。

命がつなぐものであるなら、つなげなくなった人は

どうなるのだろう。

バトンを握りしめて泣いているのか、

途方にくれているのか、それを思うだけで

僕は悲しい気持ちになる。

他の人がバトンをつないでくれるという意見もあるだろう。

でも、それなら「命は完結する」でいいと思う。

それぞれの人生を完結させることでしか、

人は前に進めないのではないだろうか。

人生を生き切る。

残された人は、その姿を見て自分の人生を生き続ける。

生命の誕生は、奇跡の連続である。

家族への愛の重さや人と人との絆の強さは、

共に生きる時間の長さでは、

はかれないものだと感じている。

コメントの投稿

Secret

命は完結する。

直樹さんの
  優しさと強さを感じました。

私はこのことばに救われます。

ことばが
  キラキラしているように感じます。

ありがとうございました

先月のNHKの番組で心に残った言葉「命を繋ぐ」
今日のエッセイに載せていただき感動しています。

直樹さんの言葉に癒されたり、反省や気づきをいただいています。
ありがとうございます😊

夜 ブログを拝見するのを楽しみにしています。
まだまだ寒いのでお身体に気をつけてご活躍ください🌸


ありがとう

決意にも似た気持ちを聞かせてくれてありがとう。
どうぞみなさんと仲良く、長い時間を共有できるように、ゆっくり、ゆっくり、そしてゆっくり、歩んで行かれますように。
また遠くから眺めておりますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もそう思います

東田さんこんにちは!

本当にその通りですね。
私も自分の人生を、精一杯生きなければ!と思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR