カラオケ

僕は、時々支援員さんとカラオケに行きます。

普通の会話をするのは難しい僕が、

歌を歌えるのを不思議に思う人も

いるかもしれませんが、

会話ができないのに歌は歌える

という重度の自閉症者は多いです。

このような人は、意味不明な独語を話したり、

オウム返しで話したりすることもあります。

歌を歌っている間、僕は歌詞の中の

主人公になった気分で楽しいです。

つかの間ですが、自分がヒーローになれたり、

憧れた環境の中で生きたりすることが

できるからです。

コメントの投稿

Secret

カラオケについてのお話、
とても興味深いです。

音は苦手ではありませんか?
大きな音やスピーカーから出る音や、
マイクを通した自分の声など。

私も子どもに一度は連れて行こうかと
迷っていましたが、音が苦手かなと思い、
躊躇していました。

しかし、こんな素敵な時間を過ごしていることを知り、やらせてみたいなと思いました。

歌っていると自分が違う人になれて
そんな素敵な時間が持てる事、
すごくいいですね🎶

すごい!

直樹さんのカラオケ! 心と魂の開放ですね。きっと楽しい時間でありましょう。気の通じた人と楽しい時間を過ごせるのは幸せですね!

私のヒーローですなおきくん♪
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR