よこなぐりに降る雪は、地面にたどり着く前に、

雪の結晶が砕け散っているイメージです。

けれども、体についた雪を見ると、

そこには、ちゃんと雪の結晶が

きれいに残っています。

形あるものが、そのままで存在するのに、

どんな条件とエネルギーが必要なのでしょうか。

人が、いつもの生活を送るためには、

それを上回る労力が必要になります。

どうか、大雪で被害が出ませんように。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR