食べ過ぎて心配

食べることが大好きな人は、いつも食べ過ぎを

心配している人が多いような気がします。

好きなことを、思いっきりやれないのは、

辛いのではないでしょうか。

我慢できずに、お腹いっぱい食べている時は、

本当に幸せそうなのに、食べ終わると、

食べ過ぎたと落ち込みます。

太ってしまうことに対する罪悪感かもしれません。

満足なのに、不満なんて、何だか不思議です。

コメントの投稿

Secret

ほんと、そうですね〜
いっぱい食べて満足で、不満足。
その視点、気がつかなかったです(>_<)

ジレンマ

そうそう!
ジレンマに陥っているのですよね・・・。
たくさん食べているときは幸せに感じるのに、その後にくる後悔ときたら・・・(汗)

肥満・・・これは現代ではとりわけタブー化されていると思います。
特に、最近ではスリム化傾向になっているのか、モデルや芸能人の方で、多くがほっそりした体型をしています。若い女性の間で強いダイエット志向があるそうです。もちろん、男性でもスリムな方はたくさんいらっしゃいますが、女性の間で特にダイエット活動が顕著な気がします。
おそらく、肥満への過度な恐怖があるのかもしれません。標準体重でも肥満だと思い込み、ダイエットに励むことが多いのではないかと思います。

恐らく、『肥満=悪』この傾向があるのではないか、と・・・。
確かに『肥満』は、糖尿病や高血圧等の生活習慣病に罹りやすく健康に良くありませんので、解消すべきだとは思います。
しかしながら、過度な『ダイエット志向』や『肥満恐怖症』もよくないと思います。
時に、我慢できずに過食に陥ってしまうこともあるでしょう・・・。無茶食いで食べた食べ物は美味しくないと思います。
健康的に、美味しくお料理を食べられたらいいですよね!

確かに、好きなことを思いっきり楽しめないのは辛いです・・。
でも一方で、好きなことをやり過ぎてしまったという後悔も出てきてしまいます・・・。
ジレンマがいっぱいですよね(汗)

作品を拝読しました。

初めまして。つい先ほど貴方の本を読みました。23歳アルバイターです。


作品、素晴らしかったです。言葉一つ一つに心をえぐられて、痛みはしばらく消えそうにありません。貴方の強さが、私にはまぶしいです。


今までたくさんつらいことがあったと思います。人より多くの苦しみを抱え、それでもこうして強く生きている貴方を、同じ人間として、心から尊敬します。


人はなぜ生まれてくるんでしょうか。


私は学費を返済したら死ぬつもりです。大好きな家族がいて、家や食べ物や服もあって、友だちもいて、五体満足で、これ以上ないほど恵まれていますが、もう疲れました。


こんなに幸せなのに一生懸命生きていないことが、申し訳ないです。
本を読みながらつらかったです。同じ人間なのに、なんでこうも違うんでしょうね。


表情とか言葉とかについて、貴方にすごく共感しました。
笑っているから楽しいわけじゃない。泣いているから悲しいわけじゃない。ほんとうの気持ちに気づいてほしい。


私もそう思います。私は泣きたい気分のときに笑ってばかりいます。泣くこともちゃんとできるんですけど、嘘をつきます。笑いたくないときに無理やり笑って、「あーなんで生きてるんだろ」と思います。表情を自在に作れる人だって、毎日そんなことばかりです。


頑張れば強くなれるんでしょうか。
なんで貴方はそんなに綺麗で、まっすぐなんでしょう。


人はどうせ死ぬのに、なぜ貴方は生きられるのですか。どうやって「頑張ろう」と思えますか。どうしたら貴方に追いつけますか。


近くにいたら友だちになりたかったです。


どうか負けないでください。強くて、まっすぐで、魅力的な貴方が、幸せに暮らしていけますように。ずっと応援してます。






勝手なことばかり書いてしまってごめんなさい。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR