fc2ブログ
誰かと一緒に出かけて、

「またね」と言われ、何と答えればいいか

迷ったことはないでしょうか。

同じように「またね」と言える関係ならいいのですが、

もう会わないだろう相手や目上の人の場合は、

返事に困ります。

そういう日本語は、たくさんあります。

自分のための言葉と相手のための言葉と

場面に応じて使い分けるのは難しいです。

「またね」というのは、本当は、自分自身に向けて

言っている言葉なのかもしれません。

「またね」と言われれば嬉しいですが、

よくよく考えれば、おもしろい言葉です。


2017.01.28 Sat l エッセイ l コメント (5) l top

コメント

またね、は思いやりの言葉だと思う。
多分もう会わない人から言われるとき、とても優しさを感じます。そして私も笑顔でまたね!と返せます。
2017.01.29 Sun l yy. URL l 編集
何が返ってきても
またね、という挨拶は未来と希望の言葉だと思ってます。

また会えたら嬉しいですね。その時までお互い元気で居ましょう。

私が「またね」を使う時は、そんな祈りを込めてます。

相手も「またね」と返してくれたらもちろん嬉しいけれども、「さようなら」と返されても気になりません。

挨拶が交わせただけで、幸せな気持ちをもらえる気がするので。
2017.01.29 Sun l かまど. URL l 編集
また会いたいです!という気持ちかな?
「またね。」と云う言葉について、深く考えたことが無かったので、
東田さんの文章を読んで、改めて考えてみました。
私が、もう多分会わないであろう人に「またね。」と言う時の気持ちを
考えますと~
『またお会いしたいと思うくらい、あなたとお会いするのが嬉しいです。』
と云う気持ちで言っているのかな~と思います。
ですので、「またね。」と言われると、私と会って嬉しかったのかな?
と思って、嬉しくなります。 これって、己惚れかしら? (^^)
まあ、大人の世界は、社交辞令もありますから、そう単純には言えないのですが。

東田さんは、言葉に対する感受性が鋭いので、私達が気が付かないような、
様々なことを考えながら生活していらっしゃるのだな~と思い、感心しました。
2017.01.29 Sun l ららみ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.30 Mon l . l 編集
マタネ
中国語の再見、もフランス語の au revoir も、意味はまたね、でした。この意思表示は社会の基本なんでしょうか。
2017.04.21 Fri l Mieko Miyazaki. URL l 編集

コメントの投稿