内面の表出

僕は、内面を表出できない人が、

思いを伝えられないままでいいと

考えているはずがないと思っています。

自分の気持ちを伝えられないことが、

どれほど辛くて悲しいか、僕は知っています。

困っている人がいれば、その人がどんな心境なのか、

自分に置きかえて考えてみると思いますが、

なぜ、相手が自閉症者だと、全く違う種類の

人間のようにみてしまうのでしょうか。

感性や価値観、知能が違っても、

感情は、どんな人も変わらないと思います。

みんな自分のことを、わかってもらいたいのです。

話せなくても構わないと考えるのは、

そう思うことでしか、自分の気持ちを

整理できない周りの人ではないでしょうか。

話せないことが不幸とは限りませんが、

だからといって、話せないままでいい

ということの理由にもなりません。

どうしたら、その人とコミュニケーションできるようになるかは、

一人一人違うでしょう。

それでも、言葉を表出できない人とのコミュニケーションを、

あきらめないで欲しいと僕は思っています。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もそう思います。
私は諦めないで伝えて行きます。
相手の言葉を聞きたいと思います。

有難うございます!

やはり、そうですよね。
彼らだって、認められたいし、共感したいはず...
私も、周りに何を言われようが、例え専門家だろうと、自分を信じ、諦めないで頑張ろうと思います!

いつの日か、彼らの事をより多くの人に理解して貰える活動もしたいと思っています。彼らがより生きやすい世の中になって欲しいからです。
東田さんには、いつも勇気と希望を貰ってます!有難うございます。

言葉の力

東田さんの言葉には、いつも多くを学ばせていただいています。
私は、重度の知的障害や自閉症の方々(成人)と日々接する仕事をさせていただいていますが、言葉を話すことができない人も多くいます。そういった方々の言葉にできない想いを、汲み取ることができたら、どんなに素晴らしいことか…。その人が真に何を考え、言わんとしているのか、分からないのが現実だとは思いますが、常に想像することを諦めずにこれからも関わっていきたいです。同時に、言葉の持つ力というものも大切にしていきたいです。

今までも、直樹さんが言葉にして伝えてくれていることで、世界中の自閉症の方やその周りの人に、新しい気付きがあったと思います。

こんなにも、心の中で感じたり考えている、そして伝えたい気持ちがあるとしたら…
そのまま気付かれないでいるのはとてもとても苦しいですね。

直樹さんの活動の真髄みたいなものを感じました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自閉症でなくても

言葉を自由自在に使えても、自分を表現できないこともあるものです。

誰しも自分の思っていることをありのまま、過不足無く相手に伝えることは、とても難しいことだと思います。
逆に、相手の言っていることを正確に理解することもまた、同じくらいに難しいことです。

それがうまく行かないと、大抵の人はすぐに諦めてしまいます。その方が楽だからです。

私自身も、過去に諦めてしまったことがあります。そして、私が今まで出会ってきた人にもそういう人は居ました。

それでも相手に理解されようとする気持ち、相手を理解しようとする気持ちを持ち続けることが人間として大切なことだと私も信じたいです。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR