どちら

障害があっても、しかたないと思うように、

生きていることを、しかたないと思う人がいる。

どちらが不幸なのか、僕にはわからない。

どちらが幸せなのか、神様にもわからない。

コメントの投稿

Secret

昨日の大雨、激しい風。そして今日の生温い外気はいつもとは違う気づきや考え方、感じ方を教えてくれる気がしました。
仕方ない、と思うより目標を持って生きたい。と思いました。

最大限に

せっかくの命を生かしきれていないと、自分で思います。
ただ生きていることが凄いことなのに。
すぐにそれを忘れてしまうんです(^^;
去年の4月に交通事故にあいました。
起きたら、救急病院でした。
おでこを縫いました。
左肩がひどい痛みでした。
他人には分からないけど、
今でも左側を向いて横になると、少し痛い。
でも、生死をさまよったわけではありませんが、
あの時は、大したことなくてよかった。
生きててよかったと思いました。
また次の4月が来たら、丸2年…。
人の道を外れることはしちゃいけないけど、
そうじゃないことなら、
一度きりの人生、自分の気持ちを大切に、
自分の気持ちに嘘を付かず、ごまかさず、
自然体に。幸せに…。
願うばかりです!
明日と明後日は、クリスマス!
仕事ですが、
生きてる喜び噛み締めよう!(*^^*)

しかたないの良いところ

しかたない、というのは、いい意味で、諦めていると捉えることもできるのかもしれませんね。

どうして、なぜ、こんなに苦しいの、と自分を苦しめるよりも・・。

不幸とか幸せは、つい、比べたくなるけど、
でも、比べても、いいことは何もないような気がします。

自分のことでも、他の人とのことでも。
良くても、悪くても。

直樹さんの絵本、
「ヘンテコリン」、買いました!

私は、絵本は沢山見てきて、結構、絵本には厳しいのですが、(エヘン! 笑)
お世辞なしに、素晴らしい絵本で感動しました!!

まず、絵が、最高〜に素敵です!
色合いも、構図も、アイデアも、大好きです。
見ているだけで、幸せになります。
だから、電子書籍で買ったのですが、やっぱり紙の本でも買おうかなと思っています。
(見たら、もう絶版なんですね。なんて残念な!)
もし、ヘンテコリングッズがあったら、買います!
色と、テクスチャーが、すごく気持ちいいです。

そして、お話の発想も、とても面白いです!
ヘンテコリンは、実在しない想像上の生き物。
すっごく可愛くて、ヘンテコリンな、ヘンテコリン。

このお話、きっと子ども達も大好きだと思います。
この絵本の良さが、もっともっと世界に知られるといいなあ。
英語バージョンで復刻して欲しいなあ。



直樹さんの書くものの内容が高度過ぎて、「重度自閉症の人間がこれを書けるはずがない」と疑う人達がいるのは、本当にとても残念なことです。

インターネットで見た、直樹さんの講演会の報告レポートにも、「本当に、目の前のこの人が、これらの書籍を書いたのか、講演の内容に出てくるような難しい言葉を使えるのか、と、疑問に感じたが、質疑応答に入って、その気持ちは払拭された。この人の頭の中には、辞書1冊が丸々入っているようだと感心した。」というものがありました。
このレポートを英訳して、疑っている世界中の人にぜひ読んでもらいたい、知ってもらいたい、と思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨夜直樹さんの文章を読んてから、
しばらく考えていました。

どちらがどうかは、本当にわかりませんね。

ただ、状況を受け入れて前に進む人は、
幸せを感じることができて健全だと思います。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR