気づき

歩いていると、すぐに気づくお店や街路樹も、

車だと気づかないことがあります。

走っている時には、前を、前を

向いているのでしょう。

歩いている時には、前だけでなく

横もよく見ているのだと思います。

そして、新たな気づきが生まれるのでしょう。

コメントの投稿

Secret

あなたの視点が面白い!

私も昔は歩いてフラフラする自由さが好きでした。時間にとらわれず、気ままに好きな方向に好きなスピードで歩く。
この方が、私には合っていました。
今は完全に車生活です。

車の中は、視界がとても狭くて、横の景色はあっという間に過ぎ去ります。流れにそったスピードで、決められたルールで走る。車の中では視覚は取捨選択をして、流れ去る横の景色は捨てているのかもしれませんね。その分聴覚が働くので、会話が弾むのかもしれませんね。

直樹さんの言葉で、歩くことの気持ち良さを思い出しました。
また歩きたい、歩いて眠っている五感を起こしたい、なんて思いました。

今の時期

街は、クリスマスムードにあふれ、
イルミネーションにあふれ、
夜の街を歩いたら、素敵だろうなあ…(*^^*)
夜でなくても、昼でも、なんか幸せムードがただよってそうでいいなあ…(*^^*)
ちなみに私は、ペーパードライバーです(^^;
なので、自分では運転はできませんw
ダイエットのためにも、街をブラブラしたいです!w
知っている道を歩くのは、飽きてしまうので、
気付きを求めて、知らない所を歩いてみたいです!(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

るるるー、と歌いながら歩きたい

お散歩、楽しいですよね。
大好きです。

どっちの方向に行くと決めないで
足を完全に自由にして道を歩き出して、
羽のような歩の軽さに、あっ、と驚いたことがあります。

いつも車で通っている道を歩くと、沢山の発見があって、
同じ道とは思えないほどですね。

車の窓の外をどんどんと流れていく景色には、
別の物語を感じます。
車でどんどん進むのも、
前へ前への乗り物の感覚も、楽しいです。
手漕ぎの船だと、その両方を楽しめて、すごく楽しいです。

幼児と一緒に歩くと、
落ちている石ころとか、
歩いているアリとか、
生えている草とか、
マンホールのフタとか、
そういうものひとつひとつに、
いちいち止まって、おもしろそうに眺めたり、
手で触ったりして遊ぶので、
数十メートルを進むのにも
ものすごく時間がかかったりします。

時間がたっぷりある時は、
それに付き合ってあげると、
沢山の発見があります。
素敵な時間です。

でも、ほとんどそうは出来ないけれど、
もっともっとそうしたいな、と、
これを読んで、そう思いました。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR