星

星空を見れば

自分がちっぽけに思えると

誰かが言った

そうなのか

僕はちっぽけなのか

夜になり

僕は夜空を見上げた

満天の星が降り注ぐ

ああ

僕の手足に

僕の胸に

僕の瞳に

光が寄り添ってくれる

足を開き

両手を広げる

ちっぽけな僕が

宇宙でいちばん

大きな星になれた

コメントの投稿

Secret

No title

これを読ませていただきながら、
私も、直樹さんと一緒に、
ちっぽけだけど、宇宙でひとつだけの
いちばん大きな星になれました!
気持ち良かった〜

中学生の頃、河原の土手から、夜空の星にむかって、
「お〜い。私はここにいるよ〜。」と叫んでいたことを思い出しました。
星はいつもそこにいて寄り添ってくれますね。

ありがとうございます。
(⌒‐⌒)

そうですね!

こんばんは。

確かに、一番大きいのは私ですね。

だってね、私がいなくなったら宇宙も世界もありませんからね。

バタバタとした時間が一区切りして、東田さんの詩を拝見しました。

すーっと視界が遠くなり、ゆったりと流れる世界を想像しました。
ふぅ…と深呼吸して、またもうひと頑張りです。

今日も優しい気持ちに戻れました。
ありがとうございます。

寒いと

寒いと星がきれいですね!
今年の9月にハワイに初めて行きました。
そして初めて、自分の星座を見ました。
さそり座です。
ハワイの星空は、とてもきれいでした。
星にくらべれば短い短い短い、人間の一生の中で、いったいどれだけの人間と出会えるでしょうか。
一生の中で、自分が深く関われる人間は、ほんのごくわずか…。
そんな縁を、ホントに素晴らしい、宇宙の奇跡と受け止めたいと思います!
ちょっと、くさすぎですがw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

きのうの2チャンネルの番組を見ました。気になって検索して、このブログを、見つけました。詩はとってもいいです。どれも皆いいです。友達に重い自閉症の子がいて、とても理解できました。ありがとうございます。

No title

いい詩だなぁ

星空を見上げて 星たちが遠くで瞬いているのに
あたたかな思いになるのは

わたしも星になっていたからなのかも (・∀・)

No title

とてもとてもきれいな詩ですね。

私も小さいけれど、実は大きな星なのかな?と思いをめぐらせました。

山の中で見る星は本当にきれいです。
見ているだけで寄り添ってくれる自然は本当に優しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR