弱い人間

僕は、違うことが悪いことだとは思っていません。

しかし、同じ価値観を持っている人が集まるせいで、

誰かが悪者になるのは、悪いことのような気がします。

人は、ひとりでいると、自分は弱い人間だと自覚します。

大勢でいても、自分の弱さを自覚できたなら、

他の人にも、もっと優しくなれるように思うのです。

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今日、貴方の事を知りました‼

とても正直で優しい文章がとても嬉しくて、感動しました。ありがとう🎶本当に大切なものをストレートに文章に出来るってすごいです。とても嬉しくて。とても優しさを感じました。ありがとう💕

救われました。

番組を見ました。私の心に響く言葉がいくつもあって、心が救われました。私なんて、ワガママで、親不孝で、といつも自分を嘆いて泣いていましたが、広い心で受け止めてくれる言葉を聞かせてもらって、こんな私でも幸せは見つかるかもしれないと、思うことができました。ありがとう。これからも作家としてがんばってください。応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

直樹くん

直樹くん、初めまして。
優音(ゆうね)です。
さっきTVで直樹くん見て話したくてコメントしました。
私は直樹くんと友達になりたいです。
人は生きてることが幸せです。
これからもブログ見てコメントしますね。
どうぞ宜しくお願いします。

No title

人はいつか優しさでつながった一つのものになれるでしょうか?

NHKを見ました。

直樹さん。はじめまして。
今日、貴方を知りました。

素敵な言葉の数々。
一緒に生きていきましょう!

今日、東田さんを知ることができました

番組を見ました。就寝前にテレビ欄をチェックしていて たまたま見たんです。
とても興味深く 東田さんの本を読みたいと思いました。
東田さんとNHKに感謝です。
遠くから 応援してます。

違う景色

はじめまして

さきほどNHKで、直樹くんのこと
知りました。

自分も いろいろと、幼い頃こら
理解されにくい

(自分でさえも何が起こってるのか理解できなくて・・・不安で苦しかったこともありましたが)

そんな生きにくさを抱えてたので・・・

なんだか 直樹さんの体験からでた言葉や
関わってくださってる人たちとのやりとりをみて

感動しました。

辛いところの最中にいるときはー

そうですね、、、直樹君がいったように

『ありのままでいい』という言葉は

その時のその苦しみの最中のひとには 本当には届かないかもしれないけどー

いつまでも 同じところで揺れてるブランコに のって
同じ苦しみの風景をみてる様にも思えるけど

それでも 必ず 違う風景が見えてくる時が来る・・・

のですね。

自らを振り替えると あのときの自分に
やはり そう伝えたいー

たしかに・・・

本当に苦しみや弱さや痛みがあったから
自分自身や そして 人や状況の中にあった
愛や喜びや強さに 出会うこと出来たのでー


そして、いまもまだ
越えられない痛みや葛藤はありますが

そうですね

いつか これもー いまとは違う広く新しい視点から
見えるときが来るかもしれませんね

いまの自分が かつての 苦しんでた自分に
感謝を込めた優しい気持ちで寄り添いって
アドバイスを伝えてたように

きっと いまもまた 未来の自分が
いまの自分に寄り添って見守ってエールを
送ってるのかも・・・ですね。

そして、大切な命だからこそ
自分の命を しっかり 生ききる!
自分の命を魂を しっかり 輝かせる!

それをみて また 違う誰かが

そうやって、自分自身を 受け入れて
自分自身のよさを見つけられてー
全うして命を魂を輝かせてー

それが また 誰かの勇気になって
命の輝きは 子孫を残す とか
何かを形にして残す

という 限定を越えて

もっと広く この世界に繋がってゆくのかもですね


つい 長くなってしまいましたが
大切なこと、あらためて
思い起こさせてくださり
ありがとうございました!

これからも ご活躍!
祈ってます!



君が僕について教えてくれたこと

君が僕について教えてくれたこと
東田直樹さんへ

僕は自分の感情をコントロールするのが苦手です。じっとしていることも苦手です。人の話をじっくり聞くのも苦手です。相手の気持ちもよく分からずすぐ話しかけちゃいます。空気が読めません。思いたったらすぐ行動、ものの整理が出来ずいつも忘れ物をしてしまいます。

先生は僕に、そう鬱病、ADHDという名前をつけました。

閉鎖病棟にいた時、家に引きこもってたとき、なんで僕がって絶望したこともありました。

でも、僕はそのおかげで人より多く泣いたり笑ったりすることができます。世界と一体になることができます。生きることに感動することができます。そして、大切な人に巡り会うことができました。

いつか東田さんにお会いして話してみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今日は曇り

放送の中で、「僕と自閉症を切り離すことはできない」とありましが、あなたから生まれる数々の言葉は、きっと自閉症になられていなかったとしても、今と同じように透き通った、輝きのある人の心へと真っ直ぐ届く、東田さんだからこそ生まれた言葉だと私は思いました。自閉症が今のあなたをつくったのかもしれないけど、それ以前に東田さん自身がお母様のお腹にいらっしゃった時、まだ人の形をしていなかった細胞の時から、素敵な感性をお持ちになり素敵な方だったのだと私には感じました。東田さんが存在した時からあなたは、あなただった。東田さんに出逢えて私も、幸せです。これからも、人として大切なことを私に教えて下さいね。

不思議なこと

東田さんの言葉にははっとさせられる言葉や見習うべき考え方が多くありました。それはそれで良かったのですが、東田さんの言葉や考え方が正しい、良いことを言っていると盲目的に受け入れている人には疑問を感じます。
東田さんは自閉症を持っていますが、私達と同じ人間です。私達は教えてもらう側ではなく、共に考えていく立場ではないでしょうか?東田さんは感動を生み出すマシーンではありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR